苦手

自宅付近にある坂道を目を瞑って歩いていると、顔に優しく何かが纏わりついた……


嫌いなモノ程、よく分かる。


「ぬぉぁぁぁぁぁぁ!!」

と、悲鳴をあげ「何か」を顔から取りながら全力疾走



蜘蛛も苦手だけど、巣もキツイや