広島

おはよう〜!



今日は8月6日。



65年前に広島に原爆が落とされた日です。



当然僕はまだ生まれてないけど、僕の父はその時広島にいました。

爆心地3キロ。

兵隊さんだったので、すぐに爆心地に行き、傷ついた人を運びました。



いくにちも・・・



そして、父も具合が悪くなり、病院へ・・・。



後遺症に悩まされながらも70歳まで生きました。



僕は被爆二世です。



今も元気に仕事をさせていただいてます。

そりゃちょこちょこ具合の悪い時もあるけど・・・

基本元気にやってます。



でもね、やっぱりこの日が来ると・・・・・胸が痛い。



沢山の人が傷ついて死んでいった・・・事実。



昨年、「風」のキャンペーンで広島に行きました。

ファンの人と一緒に平和公園で、「悲しみ」という歌を歌いました。



傷つけられ、やり返す繰り返す、むなしくなる〜という歌いだしの歌。

平和への思いを込めて歌わせていただきました。



その時一緒に行ったファンの方たちは、平和について本当によく考えてくれたと思います。

みんな、心の優しい思いやりを持った人たちだと思います。



今年も思い出してくれてるかな・・・千羽鶴も一緒に収めたね。



今日はそんな日。



核がこの世からなくなればいいのに・・・



戦いのない平和が来るように・・・・祈りたいと思います。



みんなも、ちょっとだけでいいから、他人事だと思わずに考えてくれると嬉しいな。




広島、長崎・・・・戦争によって亡くなられた沢山の方たちの、ご冥福をお祈りいたします。


 
  • コメント(全289件)
  • ダッシュ娘 
    8/6 19:56

    去年の演劇の大会で演じた役が原爆で亡くなってしまった子でした。今日はその役の命日なので、自分にとって8月6日という日は凄く思い入れがあり、考えさせられます


    今年は戦後数年経ってからの時代のお話をやります

    戦争を体験した事のない私達ではありますが、精一杯演じたいと思います!!
  • 月穂 
    8/6 19:58

    おつかれです
    そうですね毎年のことなから、広島、長崎と、
    でも、本当は、長崎ではなく、九州の小倉に落とされる予定だったんですよ。その時曇ってたみたいですけ

  • チョコぴい 
    8/6 19:59

    戦争や争いはバーチャルの世界だけ という世の中がくるといいですね。
    友人の子(中1)の夏休みの宿題をのぞいたら、8月6日・9日は、何の日か? という問いがありました
    そこだけは、即答できるように!と思わず言ってしまいました…
    体験はしていませんが、聞いた話を次の世代にもちゃんと伝えていかなければいけないな、と痛感しました
  • かっきー 
    8/6 20:01

    大変な中よく生き残り今がある今を本当に噛み締めて生きていきたいです
    争ってほんとうに人々の勝手の塊だと思っています
    分がしてほしいことを他人にも、少しでも思いやりの気持ちを持ち続けていくことの大切さを心に灯し続けていきたい

  • LETTER、BEE  
    8/6 20:02

    私も戦争は嫌いですだけど戦争があったから今の平和があるんじゃないかと思います。戦争してどれだけ命を失いわかったから戦争をやめたんでしょうね
  • 伊達巻き 
    8/6 20:12

    長崎の原爆資料館に行き、福岡人ですらも知らないような事実を沢山知りました
    アメリカ国防総庁や日本の防衛庁には一体どれ程の資料があるのか考えさせられます。
  • 解剖図 
    8/6 20:46

    井上和彦さんのお父様は、英雄の様な方ですね。私はそう思います。被爆による症状は子々孫々と継がれてる可能性があるので、あれ、なんか怪しいな?と感じましたら病院に行った方がいいと思います。今は大丈夫でも病魔は静かに体を蝕みある日突然に姿を現しますから。今後とも気を付けてください。広島そして長崎の被爆者の方々、深くご冥福お祈りさせていだだきます。
  • プチ・ゼクス(武装ヒョコ ver.) 
    8/6 20:53

    自分は高校の修学旅行で長崎に行った時
    原爆資料館を見て来ました

    2度と繰り返してはダメな事と痛感しました

  • 有栖零児 
    8/6 21:14

    広島でロム兄貴のセリフを、是非とも、お願いします
  • ちえこ 
    8/6 21:41

    ホントに
    世界に平和が訪れてほしいです

    そして
    二度と同じ過ちをしてほしくないです
  • ぽちこ 
    8/6 21:58

    井上サンの過去にそんな事があったのですね。それは悲しい事です。私も広島原爆ドームに初めて行った時の衝撃、今も鮮明に覚えています。これから大きくなる子供達にぜひ伝えていくべきです。
  • ゅき☆飴のみ無言誘OK 
    8/6 22:09

    (´・ω・`)
  • *ほたて* 
    8/6 22:15



    ご冥福をお祈りしま




  • 翡翠 
    8/6 22:27

    この世から核兵器がなきなって1日でもはやく世界が平和になるように祈ります

  • †灰★天使† 
    8/6 22:31

    今日、『あの空を忘れない』という朗読会を観に行きました。

    内容は、広島、長崎で原爆を目の当たりにした方々の想い・・・叫び・・・悲鳴・・・。

    とても心打たれる朗読でした。(考えさせられました)

    死んでゆくモノの悲痛さ・・・

    それを目の前で見ている生き残ったモノの言葉や想いにならない虚しさ・・・。

    辛さの中でも、生きていかなくてはならない現実。

    自分の目の前で、母親が、父親が、息子や娘が・・・人間の姿を失った状況で冷たくなっている。

    想像しただけで、耐えられない気持ちで・・・心の中がヒンヤリと鋭いモノが走りました。


    その途中で、フッと和彦さんのこのブログの事も思い出しました


    死したモノと生きたモノ・・・どっちが辛いのか?とか、普通に考えずにいられませんでした。

    だけど、生きてくのが人間で・・・。

    "どんな状況でも生きる為に生きてるのが人間"なんだと感じました。

    和彦さんのお父様も生きていて良かったと私は強く思いました。


    現代は、命を粗末にしてる人が多いじゃないですか

    実は、私自身も何度も思ったことがある人なので、死にたい人の気持ちがよくわかるだけに、やっぱり自殺する人を見る度にココロが痛くなります

    だけど反面で、命を粗末にして欲しくなかったとも思います。

    ひとつしかない命

    ひとり命を落としたら、周りの人達の命がどれだけ傷付くのか。

    私は人にそれを伝え、苦しんでる人を救える人間になれたなりたい。

    今日私は、はっきりそう思いました。

    <長々とすいません>

    和彦さんのブログを通して<勝手に場を借りてすいません> 誰かひとりでも伝わればと思い書かせていただきましたm(_ _)m。
  • たかこ* 
    8/6 22:31

    井上さんのお父様も原爆手帳持っていたんですね…。健康面は本当に大変だったと思います。

    私の祖母も原爆手帳持っていました…。しかし軽い方でしたので、田畑の仕事が出来るくらい丈夫でした。

    私は愛知に生まれ住んでいますが、広島の血も引いてますから広島は大好きです!!
    その広島がメチャクチャにされた日…
    たくさんの人が命も未来も、たくさんの大切なものが一瞬で奪われた日……。

    私も井上さんと同じで、毎年この日が来るのはとても切ないです。
    亡くなって方、苦しみながら生きてる方…犠牲になった方全てに
    今の平和を下さっている事に感謝します!!!
  • ななみ 入院中の為鈴イベのみm(__)m 
    8/6 22:45

    朝から、ずっと考えてました。
    核なんか、なくなればいいのに……と思うけど、そんなに簡単じゃないだろう事も、もし日本が持っていたなら加害者の側にたった可能性もあるだろうとか…

    悪い物だって、わかってるのに何故放棄できないんだろう……とか

    ずっと前に、原爆資料館に行った事があって
    正直あまりはっきりした記憶がありませ
    ただ苦しくて

    すみません
    りとめないし、長すぎですね。

  • 神谷@金久保誉χχ  
    8/6 23:01


    本当に戦争あってはいけない事です。

    「国の為に」とか言って戦争していますが、戦争はただの殺人です

    こんなぐだらない争いで関係のない人達が犠牲になり、何も解らない小さな子供達の未来が失われるだけです。

    世の中には戦争で命を落とした人は数えきれないほどいます

    そして、この広島・長崎の原爆投下で一瞬にして消えてしまった命、命が残っても後遺症が残り苦しんでいる人がいます


    戦争は人間の愚かしさがおこす争い。

    世界から戦争がなくなり、人々が安心して暮らせる日が来る事を祈っています。


    ご冥福をお祈りいたします
  • 百葉(多忙の為お休み中) 
    8/6 23:12

    戦争がなくなればいいと皆が考えているのに、いつまでもなくならないのは本当に悲しいことですよね。
    ましてや核は後々まで深い爪痕を残すもの。
    核を持つことの恐ろしさや、戦争の愚かさを、権力を持ってる人達が、一刻も早く理解してくれますように
  • あんこ●放置● 
    8/6 23:25


    私は生まれも育ちも広島で小さい頃から原爆の話や被災された方々とのお話をさせて頂く機会がたくさんありました。


    しかし
    去年すごくショックな出来事をニュースで目にしました。


    それは原爆がいつ落とされたか知らない子がいたことでした


    8月6日の8時15分

    うちの家では亡くなった方へのご冥福を祈り黙祷をすることが当たり前です。


    どの家庭でもされていることだと思っていました…



    でも!!
    井上さんの日記を読んで一人でも平和の大切さが伝わればいいなと感じました。


    長々とすいませんでした


  • アル 
    8/6 23:49

    井上サ


    戦争…怖いですの一言です。 生まれてなぃから戦争でどんなだったか本や映画で見ます。ますます怖くての世から戦争なくなってほしいです。井上サンはもっと深く考えていると思います
  • ココロ 
    8/6 23:53

    力ずく
    かたずけてしまうな

    人間に
    どうして「言葉」があるのだろう
    改めて考える日です

    沢山の方々が
    苦しい思いをして
    今の日本があること
    忘れないで、いたいです

    日本が始めた戦争で
    一方的な被害者ではないのを承知の上で

    それでも、平和な世界を
    望みま

    「第2の被爆国」が
    作られること
    ありませんように
  • ちびたりあ 
    8/6 23:55

    原爆によって、たくさんの人が受けた痛み、思いを受け継ぎ、原爆を知ることのないであろうこれからの人たち伝えていくことが私たちの義務だと思います。
    私も高知から祈ってます。
  • †バンビ†【黒猫盗賊団 見習ぃ期間チゥ】 
    8/6 23:57

    8月6日AM8:1

    毎年、サイレンやお寺の鐘の音と共に、黙祷します


    私の祖父の両親と弟は、爆心地の近くに住んでいて、原爆で亡くなりました。
    祖父だけ、広島を離れていた為、助かったのですが…

    祖父の母と弟は、
    亡くなってたのが見付かったのですが

    祖父の父は、未だに何処で亡くなったのか、遺骨も遺品も見付かっていません


    戦争も核兵器も、世界からなくなるよぉ、私達が努力しなき

    と日々思ってます



  • みぅ福島 
    8/7 00:27

    改めて原爆や 戦争で犠牲になった方々
    黙祷を捧げます。

    私はテレビや本でしか原爆の悲惨を知る事しか出来ません。
    実際に被爆地に足を踏み入れた、お父さんの大変さと、原爆病で苦しむ姿を見ている井上さんの苦労は計り知れないものがあると思います。

    こうしてみんなで、平和の大切さを考える日と言うのは、とても大切で風化させてはいけない事だと思いました。


    (長文失礼しました。)
  • ゆきのん 
    8/7 00:28

    自分が 親になってから
    思うことは、沢山あります

    一番思うこと

    いつまでも
    平和な日常が
    続けられる世界があること

    核兵器 廃絶
    実現させるの
    ものすごい
    大変なことだけれど
    子ども達が
    毎日 笑顔でいられるよう


    世界で 唯一
    被爆国
    核兵器の 悲惨さを
    訴えていかなければ

    毎年 この時期になると
    思いを新たにしています

    今年は 核兵器廃絶
    署名をしまし
    小さな声でも
    訴えていかなければ
    そして
    ずっと 引き継いで
    いかなければ

    いつか 核兵器の
    恐怖が 世界から
    無くなる日まで…

  •  
    8/7 00:42

    やっぱり、人は生まれた瞬間に死が決まってしまいます。
    その大切な命を他人の手によって、無くしてしまうのは良くない。
    戦争を考える人は、自分が何をしようとしているのかを考えてほしい。
    僕も、これ以上戦争のない世界を望みます。
  • zazie 
    8/7 00:44


    世界にはまだまだ核の恐ろしさを知らない人がたくさんいます。

    唯一の被爆国である日本に住む私達だからこそ、核に頼らない平和を訴えることが出来るのだと思います。



  • 明美 
    8/7 01:15

    悲しみの歌は 何故か聴くたびにすごく悲しい気持ちになります


    聴くたびに 人を怨んだり憎んだりしてたら駄目なんだて思います



  • †姫羅冥† 
    8/7 01:35

    私は、修学旅行で長崎に行きました。そして、原爆の恐ろしさを学びました。その長崎で原爆症になってしまった永野さんに原爆が落とされたときの体験談を語っていただきました。その、話しを聞いて私は、泣きそうになりました。体験談を話してくださったお礼に、「大地讃訟」を歌いました。この歌を聴いた永野さんは、涙がポロポロとこぼれ落ちていました。あの時のことを、思い出していたのでしょうか。この歌は、本当に心に突き刺さってきます。
    ヒロシマで原爆症になった方々にもこの歌を届けたかったです。
    話しが長くなってしまいました。スミマセン

    井上さんは、
    「大地讃訟」を知っていますか

  • ぴぃ。 
    8/7 01:54

    唯一の被爆国が日本だけである事実…日本人一人一人がそれを伝える責任を持っていなければならないと思います

    核兵器のない世界が一日も早くきますように。
  • 朔実 
    8/7 01:59

    広島に原爆が落とされてからもうそんなになるのですね…
    二度とあの日の様な事が起きない平和な日が続いてほしいです。
  • ‡櫻‡ 
    8/7 02:01

    今は訳あって違う県におりますが
    私は生まれも育ちも広島です。
    小学生時代は、毎年この季節になると学校で折り鶴を作って、ある歌を歌ってました。

    「生きていて良かった。それを感じたくて、広島の街から私は歩いてきた〜」

    という歌い出しの曲です。『折り鶴』という題名だったでしょうか

    当時はまだ、歌の内容は知っていても気持ちまでは汲み取れませんでした
    しかし今は、諍いや悲しい出来事が身近な存在となり、平和な時間の大切さが分かるようになりました。

    その時代に生きた方々の気持ちと同じ位深い感情は持てないかもしれません。
    でも、私自身も自分の周りの人達に優しく接するように心掛けたいと思います。


  • リン 
    8/7 03:25

    私は、高校の時に修学旅行で広島に行きました

    修学旅行に選ばれた理由が原爆からちょうど60年後だったからみたいです。
    原爆ドームで当時の事のお話を聞いたり、資料館を見学したりしました。

    お話を聞いて、私は悲しいと思いましたが少し怖いとも思いました

    昨日の朝、テレビで中継を見たとき私は、修学旅行の事を思い出し、悲しくて怖くなってしまいました...

  • きぐるみ猫/多忙の為放置 
    8/7 03:47

    65年前ですか

    私は、教科書の中でしか知らなくて、

    前にとある著者さんが出した本に
    原爆の被害を受けた人の写真があって見た時、

    肌の皮が剥がれてて(白黒でしたけど)
    私は写真をあまり
    直視できませんでし


    今、思うと少し悲しく思ってしまいます


    今じゃ遅いけど鶴を頑張って作ろうかなと思います
    千羽は今の時間じゃつらいんで

  • トラ 
    8/7 05:34

    先生、お疲れ様です。私は平成生まれの豊かな時代に生まれ、不平を言ってしまう時もありますが、8月6日や8月15日は恵まれた時代に感謝を込め…自分の部屋で黙祷をしてます。
  • えつ*いつも協力ありがとう* 
    8/7 07:31

    あたしもよく旦那とテレビで戦争のことが流れてる時話あいます。

    みんな幸せになりたいのにどうしてこんなことするんだろう。みんな一緒の気持ちなはずなのに…
    人と人が争うのが嫌いです。見てるだけで胸が痛い。

    平和な世界がおとずれたらいいな

    核なんてなくなってほしいです

    人を傷つける核なんていらない


  • T 
    8/7 08:45

    私も以前に広島のすごく悲しい歌を聞きました
    詞に酷い言葉がたくさんあって二度と聞きたくないと思いました。戦争も二度と起きてほしくはないと思います


    それと地元の駅に毎年この頃になると当時の生々しい写真が貼ってあります。本当にに恐ろしい限りです

  • †灰★天使† 
    8/7 08:48

    昨日のコメントの、朗読会の題名間違えました


    【夏の雲は忘れない
    でした
  • ゆき 
    8/7 09:51

    私は長崎被爆三世で
    この日が来ると祖母から聞いた話を思い出しま


    子供をもった今はさらに「命」の尊さを感じています

    みんなで大事にして生きたいです

  • みけねこ 
    8/7 18:08

    この日は余計に夏を暑く感じますね。
    私は戦争を知らない世代です。原爆も。
    現実味は薄いかも知れません。
    ですが、長崎の原爆記念館を見た時、背筋が凍りました。
    何もない世界。一面、何にも。
    瓦礫に焼き付いた人型…。数々の写真に言葉を失いました。涙が出そうになりました。
    友達と建物を出てからも、しばらく無言で歩いていました。
    こんな事、二度と起こってはいけない。
    強く思いました。
    世界中の人が同じ思いで、平和について感じてほしいと思いました
  • 斑陽 
    8/7 19:46

    平和がいいですね…

  •  
    8/7 22:24

    「平和」・・・
    簡単そうで難しいですね・・・
    そうなればいいと心から願います
  • ナナ@被災地の方々お見舞い申し上げます 
    8/8 01:22

    「戦争」とかってTVとかでしか知らない、別世界の物だと思っていましたが、やっぱり日本も「あった事」なんですよね。
    体験したことがないので、想像するしかないのですが、それも出来ないほどのことだったんでしょうね。
    いきなり“いつもの生活”が一瞬で奪われ、下手をすれば存在その物が一瞬で奪われて全てが蒸発してしまうなんてことを想像する事なんて出来ませんね……

    すみません、何か纏まってませんね。

    ですが、「二度と起こしてはいけない事」だということは誰でも思っていることだと思います
    私ももちろんです。

  • 梅花@放置ちゅ(^o^;) 
    8/8 12:06


    私は平成生まれの学生です

    テレビドラマ
    核が、戦争があったという
    事実を知り
    とても強く胸を打たれました。
    学校の授業で
    教科書などを見ると
    泣きそうになります

    実体験を持つ人の数
    どんどん減っ
    語り継ぐしか無くなってしまう世がすぐそこにあります。
    まだ実体験を持つ人が生きている今、
    もっとたくさんの人
    核や戦争の恐ろしさを知ってほしいです(;ω;)


  • なかみなし 
    8/9 04:38

    はじめまして
    の勤めている施設の入居者さんも、毎年千羽鶴を納めておられます

    平和学習などで映画をみたり、はだしのゲンを読んだり子どもの頃の方がよく触れていたような気がします。大人になるとなぜ遠退くのでしょうか
    省です。被爆者の方が高齢で直接お話しが聞かれなくなる時代に、もっと危機感を持つ必要がありますね
  • ‡ミュー‡ 
    8/9 23:35

    私の義父も被爆二世です
    そして私の父は投下予定の小倉におり
    私にとっても他人事ではありませ
    武器や暴力による支配のない世界を望みます

  • 神無プロフ見て下さい 
    8/10 04:55

    どんどん風化していく記憶。当事者達が老齢になり亡くなっても私達は忘れてはいけない。
    アメリカ人を殺せとは言わない。核を憎めあの惨事を世界の誰が忘れても日本人は忘れてはいけないと思います
    あの広島長崎の悪夢を再現した溶けた人々の行進のCGムービーとその後アメリカ軍が撮影した広島長崎の姿の映像を毎年8月に10分で良い流しても欲し
    一度見ただけで食欲が失せ憂鬱になり核廃絶を訴えずにはいれなくなるはずです
    はだしのゲンでさえ、リアルに書くと酷すぎて読めないからと表現を抑えて書いたそうですよ
  • DAGGY 
    8/11 22:43

    はじめまして!井上さんが被爆二世とは知りませんでした。私は小さな頃から戦争の本を読み考えてきました。何も出来ないけれど、もっと知っていくことで、考えることで少しでも変えられると信じたい…。そう思ってます。
  • まい(´・ω・`)さん 
    8/18 14:34




     戦争はやっぱりよくないですよね…

     世界中が平和になるのを
     願っています(´・ω・`)


  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)