先程。

友達でもあり、


おいらが所属している


展示大工の会社の社長から


電話があり


何事かと想い出てみると


今回のよ地震に何かしたいけど


何も出来ない



これから社員を雇った時に


寮にするのに


一軒家を借りてるから


稲毛さん(本名)の友達で


住むところが無かったら


ふた家族は住めるから言って下さい。


と言ってくれました。


まだまだ人間捨てたもんじゃありませんね



本当にありがとう


としかいえなかった


素直に嬉しい



こんな日本人がいる日本の


東北地方の
(被災地と言いたくないし、ましてや仙台とも言いたくない。)


復旧は早いのでは


と想える毎日です。



       イナゲマン