八日目の蝉


来週から公開されますね。
昨日原作を読み終わりました。


妊婦さんを見かけると、人間の中で一番生々しい姿だなぁと最近思うようになりました。
人間って地球上ではきっと一番色んなことができる生き物だと思うの。
でも3月11日のような震災があると、自然の力にはやっぱり適わないと思い知らされる。
人間も犬も、鳥も、ライオンも、魚も、虫も、結局ただの生き物なんだなと思う。
中でも妊婦さんを見ると、すごく生き物だなぁって思うの。


なんか最近そんなことを思ったから、女性の本能が書かれた「八日目の蝉」はとても面白かったです。
名古屋とか小豆島とか、以前に行ったことがある場所が舞台になっていて、なんだかちょっと身近に感じたし。小豆島が舞台になっている章は、より頭の中に海や緑、フェリー乗り場がわーって浮かんで生々しさ倍増でした。


映画も楽しみ。



 
  • コメント(全1件)
  • BLUE MOON (やさしい悪魔と住みなれた部屋) 
    4/23 19:14


    すがは役者だけあっていろんな場所に飛んでるようだな。


    その作品は特に気にしてはいなかったんだが、女性読者の評判が高いようだ。

    ちょっと気になってきた。


  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)