観劇日記

今日の観劇1

A・P・B-Tokyo
[田園に死す]

去年の2月の星の王子さま、以来のザムザ阿佐ヶ谷ー!懐かしい。着くと受付前で高橋リツコ様が舞ってらした。
会場はなにやらおどろおどろしい雰囲気…。。。始まって途中までは、怖いし、怖いし。。。ホラーとかおどろおどろしいのが苦手な私。
早く終わって〜(TT)と思っちゃった。
途中から「わたし」が登場してからはストーリーに入れて、怖さも薄れた。
でも、ちょっと長くて疲れました。
人生をやり直すことができないから、お母さん、私をもう一度妊娠して、産んでくださいって台詞は、(ごめんなさい。正確なセリフではないです)
おぉ!ついに聞いちゃったと思いました。有名な台詞。
しかもその時のその役者さんが一番輝いていた。良い台詞は役者を輝かせるというやつですね!
空気女とお母さんが寂しくて虚しくて悲しくて良かった。




夜は、下北沢シアター711で坂上忍さんの作・演出舞台に傳田さんがでていて、その舞台。メス豚の太股って、すごい題名。
作品は一言で言うと「怒り」だと思った。
何がそんなに「怒り」を駆り立てるのだろうか?と思った。特に犯人グループ。
そういえば去年の坂上さんの作品を見た時も同じことを思ったんだ。
去年の坂上さんの作品に出ていて、この役者さん好き!と思った今藤洋子さんが出演されていて(知らなかった)出てきた瞬間ぐっと前傾姿勢になりました。やっぱり、素敵でした。

で、「怒り」について。考えながら見てた。私は、怒ると無視するな。と思った。嫌いと思うと、嫌いな人の為にエネルギーを使うのが嫌だから、自分の中から排除する。あ、自分にとって大事な人にはちゃんと向き合いますけど。
芝居の中に出てきている人達が私の感覚と違う怒り方だから、興味深かった。この人はこういう怒り方なんだ。と。でもお芝居とはいえ、怒ってるところなんてなかなか見れないから。面白かったな。

圭菜さんも怒る芝居は恐かった。普段はあんまり怒らないからちょっと恐い(笑)いつもは「ふっふ〜♪!!」とか言いながら踊ってる感じ。今度からあんまり怒らせないように気をつけよう(笑)

ちなみに、坂上忍さん作品12月中、毎週別の作品やっています。来週(9日から)は半次郎でご一緒させて頂いた永澤俊矢さんが出演される作品。最後の週(23日から)は新宿梁山泊の広島光さんが出演されます。

ご興味あるかたはぜひ〜。

 
  • コメント(全4件)
  • テツヤ 
    12/5 22:49

    圭菜さんの舞台は7日の最終日に行こうと思ってます
    のご意見参考にさせていただきながら観劇いたしたいと思います
    田園に死す」先週観ました

  • ま2 
    12/6 02:24

    色々な怒り方がありますよ
    私が怒ると、冷静な口調になり、目が菩薩の目となるようで

  • 浅田キムチョナ@園子温のむきだし(゚ω゚) 
    12/6 03:52

    2つも観劇し
    おケツとかが痛くならない
    心配(・ω・)

    怒るって、
    内に溜めこむとストレスだけど
    外に発散するとスッキリす

  • カッター 
    12/6 17:33

    基本怒らないからな
    怒ってる時もなるべく表にはださず丁寧口調にはなるけどね


    怒りが頂点になったらその場を離れます


    人と群れる事が苦手です

    理由は昔から信用されやすいのかイロイロ悪口を聞きかされるからです


    自分の友達どおしがケンカ状態でお互いの悪口聞いたり上辺だけで裏でとか聞かされま


    その情報は自分の所から別の人に漏れる事は無いです


    だから何も考え無くて良い自然と触れ合ってる時間が好きで


    この特技を活かして人の愚痴や相談を聞ける喫茶店のオーナーになるのが夢です


    怒りは海や山や風にぶつけて忘れる様にしてま

    自然は偉大だ

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)