バレンタイン
チョコ

  • 池内ひろ美 公式ブログ/バレンタインチョコ 画像1
今日はバレンタインデーですね。横浜の若い友人から「雪が降ってるけど、今から彼氏とデートなの」と電話がありました。素敵なホワイトバレンタインになりますよう


わが家では、すっかり私がバレンタインデーを忘れていたために、なんと、夫がチョコを買ってきてくれました。

「こういうかわいいのって好きでしょう」
と。

わが家でチョコが好きなのは私と娘で、彼はチョコをあまり食べませんので、昼間取引先でいただいた小さなかわいい義理チョコ?も私に渡してしまいます(ホワイトデーのお返しは、責任もって私が選びますからね。>夫の取引先様女性さまへ)。

夫が買ってきてくれた「LE CORDON BLUE」は、ずっと昔、京都(だったと思う)に日本第一号店ができ、料理教室も開いていました。もう20年近く前のことです。
当時関西に上陸したフランスのおしゃれな高級店ということで、母子家庭で、娘を連れて取材に歩いた頃に伺ったお店のひとつでもあります。

母子家庭時代、お店取材や人物取材を多く行いましたが、娘はもちろん保育園かお留守番。でも、どうしても留守番できない状況のときに、何度か同行させたことがあります。

それを娘は今も覚えていて、
「当時、お母さんの仕事は『新聞記者』だと思っていたのよ。違うということに、わりとすぐ気付いたけど」と笑っていたことがあります。
取材といえば新聞記者と思っていた幼い娘です。
雑誌記者という概念は幼い子どもには理解しがたいのでしょう。

もちろん、そんな私と娘の思い出を彼は知りません。

その、ル・コルドン・ブルーが、まさか今セブ○イレブンで売られているとは驚き
ですが、彼の温かい気持ちをいただきます。