風邪をひいてしまいました

ふだん、ほとんど病気をしないのに、なぜか風邪をひいてしまいました。
寒い場所へ行ったおぼえもないし、家族に風邪ひきもいないのに、ひくときは、ひくんですね。

もう何年も風邪を経験していなかったため、昨夜から頭がふわふわする感じの発熱はけっこう楽しめた(?)ことです。
が、
明日はラジオ収録と雑誌連載の打合せですし、明後日は鹿児島のテレビ出演と明明後日は鹿児島で講演ですから、のんびり発熱を楽しんでいるわけにもまいりません。

また、風邪をひいている間は、面接でのご相談はお受けしないことになっています。電話かSkype相談に変更するか、1週間先に日程を変更していただきます。
なぜなら、
ご相談にいらっしゃる方々は皆さま精神的に弱っていらっしゃいますので、私がウィルスを持っていると伝染してしまいます。

だからのんびり風邪でふわふわしている場合ではなく、できれば一晩で治したいと思い、あつーいお風呂に入って早い時間から眠ってみましたが、だめ。

今朝になって、知合いの医者から連絡が入りました。
私が、
風邪で調子悪いとネットで発言していたのを見てくださったようです。

ふだん横浜で開業している医者ですが、今日は横浜のクリニックにいらっしゃるとのこと。
「今日16時までにクリニックに入ることができれば受診できます」と優しいお心遣い

14時から読売新聞でインタビュー取材を受け、大急ぎで移動し(読売新聞は大手町が本社ですが現在建て替え中で、銀座社屋まで伺いました)、池袋に到着したのが15:40。
間に合いました。

そこで施術してもらったのは「高濃度ビタミンC」点滴。45分間。
これは、効きます。
もうほぼ一瞬にして、少しつまり気味だった鼻が通り、重かった頭がすっきりして視界まで広くなったようです。

あーー・よかった〜〜

帰宅してから、心配してくれた夫が牛しゃぶしゃぶを作ってくれ、たっぷりの白菜と一緒にいただきました。めったに寝込むことがないため、彼も娘も心配してくれて、しんどいけど、嬉しかった。
(それにしても、体調が悪くても食欲だけはあります)

これで明日も元気にお仕事できます。
がんばります!

あなたもお風邪召されませんよう、お気をつけてお過ごしくださいね。