「離婚の学校」講座日でした

  • 池内ひろ美 公式ブログ/「離婚の学校」講座日でした 画像1
1997年からずっと続けている講座です。

「学校」というのは情報を伝える場だと思いますので、幼い頃、「1+1=2」と習ったのと同じに、「離婚」についても、「夫
+妻
その結果起こること」など、情報としてお伝えする場として開講しています。

世の中には、結婚にまつわる情報はたくさんあります。

結婚しようかなあと思ったときは、結婚へのプロセスとかかる準備や経費などは、雑誌、テレビ、結婚式場、どこかで情報を得ることができますが、

離婚は、情報がとても少なくて。
今でこそ大きな声で(?)離婚を語ることができますが、私が一人娘を連れて別れた15年前には、雑誌でもテレビでも離婚特集などありえない時代でした。

そのなかで、ほんの32万円しか持っていない専業主婦(当時)の私が、どうすれば離婚できるのか、離婚の後なにが起こるのか誰も教えてはくれなくて、とーーっても怖くて情けない思いでいっぱいでしたので、
今、
もしも、
離婚を考えていらっしゃる方があるなら、その人たちには私と同じような思いをしていただきたくない。せめて、基礎的な情報はお持ちいただいたうえで、離婚するのかしないのか、離婚するならどんな別れ方をするのかを考えていただきたいと望んで開講したものです。

いらっしゃるのは、男性も女性も。離婚なさりたい方も、離婚を避けたい方も、あるいは当事者様のご両親様がいらっしゃることもあります。

講座では(誤解のないようお伝えしますが)離婚を勧めるわけではありません。
「もしも、あなたが離婚する場合、なにが起こるか」をお伝えしています。
それら情報をもとに離婚を回避なさる方々もいらっしゃいます。

まあ、
縁あってのご夫婦ですから、
できればそのご縁は続けていただきたいと思います。

ただ、毎日夫婦ゲンカを子どもに見せることはしていただきたくありません。夫婦ゲンカを回避する方法をとるか、夫婦を解消する方法をとるか、それは自由です。いずれかを選択し、子どもを「安心して」育てていただきたいと思います。

夫婦関係は、「夫+妻」だけではないからの難しさがあります。

 
  • コメント(全4件)
  • みみ 
    4/11 15:06

    私が離婚する前ゎ、ネットで池内さんの言葉を拾いあさってました
    ろいろと参考にさせてもらった一人です
    の場合ゎ、結局、調停離婚しましたが、やはり、どこを探しても、欲しい情報がなく、いろいろ大変でした

  • みお 
    4/11 15:38

    私はまだ結婚していませんが、結婚したいとは思っている1人です

    結婚に憧れている身としてはいい面ばかり見がちですが、実際耳に入ってくるのは結婚した三分の一は離婚とか三年以内の離婚が何パーとか身近でも結婚わずか三年で別居とか離婚とか結構いて

    必ずしも子供がほしいわけじゃないし正直家もあるので、『結婚がしたい』より『この人と結婚がしたい』派なので、ズルズルしております

    でも親を安心させたいし…でも結婚って当人同士だけの問題でもないし…

    最初から離婚だけは避けたいという意識を持っているので、益々慎重になります
  • masaru♪ 
    4/11 17:42

    メモ書きがいっぱいの講座のテキスト、まだ持っています。

    あの講座で教わって保険の整理もできました。

    今更ながらありがとうございます

  • 雄 狩ル(オスカル) 
    4/11 19:40



    オスカルだ



    世の中離婚
    婚って

    ワシには、その後ろに掛かってる額縁の男性の声が聞こえてくる気がする


    壁際に寝返りうって、背中で聞いている。やっぱりお前は出て行くんだな
    悪いことばかりぢゃないと、思ひ出かき集め、カバンに詰め込む気配がしてる。
    行ったきりなら幸せになるがいい

    戻る気になりゃいつでもおいでよ
    せめて少しはカッコつけさせてくれ。寝たフリしてる間に、出ていってくれ…
    アアァ
    アアアア〜



    勝手にしやが




  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)