幻の・・・!?

  • 池田昌子 公式ブログ/幻の・・・!?  画像1
5月に公開になった時に”観たい!”と思っていたのに・・・、つい忙しさに行きそびれてしまい、うっかり忘れていた映画。


ふと思い出して、もう終わってるだろうナと思いながらも何気にチェックしてみたら、まだ上映していたッ





一日一回の上映ではあるけれど、すごい



まだやってる






観たい






というわけで、出掛けてきた映画





「- 恐怖と欲望 / スタンリー・キューブリック -」





1953年の作品。

キューブリックの初監督作品。



しかし、キューブリックが封印した映画である。





本人が封印したものなのだから、それでいいのだと思う。


でも・・・観てみたかった。



キューブリックの足跡として。



DVD化されることは絶対にないだろうから、この一度のチャンスに。

一度だけ、観ておきたい気がした。






さすがにロングラン中で、観客はまばらだった。


もうすでに観た人も多いのだろうナ。





オープニングのモノクロの山とナレーションになぜだか子供の頃に観ていた「オーソン・ウェルズ劇場」を思い出した。。。

ナレーションのせいかな!?(謎


好きだったナ。「オーソン・ウェルズ劇場」。





映画は、1時間程の作品。






キューブリック監督、ごめんなさい。 足跡を拝見させていただきました。

本当は、お嫌なのですよね。。。





幻の作品と言われるこの映画。


幻を観たことにしておこう・・・。





やっぱり、本人が監督デビュー作と決めた作品が、デビュー作品ですものね。






P.S. RX-7と共に走ろう
 ガンバレー









 
  • コメント(全2件)
  • ライコネン 
    6/23 17:32

    有り難う。無意識に、何気無く出来ていた事が、こうしてこうやって、と予め筋道建てて行動しないとなかなか出来ないのが辛く、歯痒いです。まだまだ諦めず毎朝毎晩、3月迄教えて貰っていたリハビリメニューを、週末には身体中パキパキッと成る位迄行って日中は会社に、ちゃんと通っています。
    約30年前、小学6年生から高校生迄体育祭でリレーを外れた事の無かった自分が簡単な小走りも出来なく為ってしまったのが、やはり辛く悲しいです
  • Юрий 療養休職中 
    6/23 18:11

    キューブリック監督、封印したかった理由は何なんでしょうかね〜(?_?)
    今日はスーパームーンのパワーをおすそ分けしてもらわないとな〜
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)