たった一度きりのチャンス!?

一期一会なのでしょうか?


本日3月10日(日本時間)。

2011年に発見されたばかりの彗星が近日点(太陽に最も近くなる点)を通過します。



彗星の名前は「パンスターズ彗星」




2011年6月6日に(世界時)に、米国ハワイ州・マウイ島のハレアカラに設置されたパンスターズ1 望遠鏡による観測で発見されたようです。



このパンスターズ彗星が太陽に近づくのは今回一度きりで、二度と戻ってこないと言われています。



だとしたら、今年が最初で最後の一度きりのチャンス???



         
日本では、3月10日の近日点通過以降に観察しやすくなるそうなので、この機会に宇宙の一期一会を楽しんでみてはいかがでしょうか?




3月10日の近日点通過以降からは、日の入り後の西の空に見られるようになり、3月下旬から4月上旬は、日の入り後の西の空、日の出前の東の空と、1日に2回見ることができるようになります。


ただし、太陽から見かけ上あまり大きく離れることがないため、きわめて低空でしか見ることができず、観察条件はよいとは言えないようです。

低空での観察に備えて、建物や樹木などの邪魔がない低空まで空が開けた場所をあらかじめ見つけておくようにしましょう






詳細は、国立天文台のHPをご覧ください。

「国立天文台ホームページ / パンスターズ彗星」

http://www.nao.ac.jp/astro/sky/201...





桜の季節と重なると、彗星と桜を楽しめるステキな春になりそうですね





- 画像資料提供 国立天文台 -







P.S. 名古屋市内の”ウィメンズマラソン2013”

   風のない穏やかなお天気で開催されていますように
 
   出場選手のみなさんも応援するみなさんも楽しく良い一日を過せますように


   がんばってください!



 
  • コメント(全1件)
  • ユージ 
    3/10 20:19

    今日の名古屋は少し肌寒い日でした。そんな中でウィメンズマラソン2013が無事に開催され今夜は綺麗に星が見えてます。
    2年前の今日までは日本も平和だったんだよね
    色々考えてたら悲しくなっちゃいます。


  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)