ラッパ屋さんの

  • 池田昌子 公式ブログ/ラッパ屋さんの  画像1
  • 池田昌子 公式ブログ/ラッパ屋さんの  画像2
舞台を観劇してまいりました

 


第15回鶴屋南北戯曲賞の受賞の記憶もまだ新しい脚本・演出家


ご存知
鈴木聡さん率いる劇団の舞台公演です






毎年、新宿は紀伊国屋ホールにて開催される公演をとても楽しみにしています



でも・・・、今年はちょっといつもと違う気配


・・・ラッパ屋さんとももクロの融合




エッ???えっ?????何?なに、なに、



何〜ぃッ



・・・・・ラッパ屋さんと・・・ももクロ





聡さんのコメントを読んで、なんとなくわかるような・・・まるでわからないような!?

どんな融合になるのか想像がつかないまま・・・


期待とドキドキ感で出掛けたのでした。。。




時代の波。大企業だって、経営縮小の時代。コスト削減、部門閉鎖・・・。

いろんなことがあり過ぎて、どの立場も大変な時代。

とある大会社の事情によって、窮地に立つ町工場。


さてさて、一体どうなるのでしょう?




現代を生きる私たちは、多かれ少なかれ、舞台上を飛び交う台詞に反応してしまう



個々の状況が舞台設定と同じではなくても、誰にでもわかる気持ち・・・。


そして、そんなこんなはまるで関係なくとも、人の心(人情)としてわかるよね的なやさしくせつない思い・・・。




おかやまはじめさん演じる”今村洋平”が胸に響きます。


何だか、小さな少年の影が見えた気がします。

転んで擦り剥いた膝小僧から流れる血が痛々しくて、半べそをかいた少年が

「大丈夫?痛いでしょ?」と大人(父とか母とかね)に聞かれる。

「うぅん」と首を横に振ってみせる少年。

「痛くない!」

じっと見つめる大人。

じっと見返す少年。

「い、痛くないもん」

「痛くない!」

「痛くない」

「いたくない」

「い・・・いたく・・・」

「う、い、、いた、、、」

「いっ、いたいよぉ〜っ!!」


強がりのラストには思いあまって、堪えきれずに泣き出す少年。




男の子は、大変ですね。。。



みんな、そんな子供時代があった・・・。





キャンバスを前に色をのせる姿にそんな少年がオーバーラップしました。






・・・そして、大ラスの○○○のシーン


眩しいライトを背に躍動する姿から・・・

「みんな、一生懸命生きてるんだぜぇい!!」

という声が大音響で私の中に響いたのでしたm(_ _)m


・・・もちろん、空耳ですm(_ _)m


でも、そんな力が全身から発せられているような気がしたのです。。。





と、かなり抽象的で個人的な感想ばかりでサッパリわかりませんよね(^^;

その実体は、是非劇場で


11月18日(日)までの公演です





ラッパ屋第39回公演

「おじクロ」

脚本・演出 : 鈴木聡

2012/11/8(木)〜11/18(日)

紀伊国屋ホール


http://homepage3.nifty.com/rappaya/





P.S. 熊本からようこそ〜

  よろしくお願いします



P.S. 名古屋のイルミネーションも見てみたいです

  東京のクリスマスシーズンも中々よいですヨ




P.S. 年末の永チャンの日本武道館参戦決定!おめでとうございます

  バッチリのタオル投げを期待しています

  そのパワーでお仕事もがんばってくださいね




P.S. 風邪のお加減はいかがですか?
  快復しているとよいのですが

  私も喉が痛いので、今日はユーカリのアロマで過ごしています

  本当に寒くなりましたね。
  お互い、体を大切にいたしましょうネ







 
  • コメント(全2件)
  • ライコネン 
    11/12 03:57

    おはようございます。11/7に9/1の新横浜の国際競技場でのステージのDVDが発売され、アンコール・オーラスで僕が一番好きなバラードの『SO LONG』を歌ってくれたのですが。DVDで確認したら判ったのですが、永ちゃん、泣いていました。メンバーとステージを去る時も笑顔だったから当日は判らなかったのですが、此方も蘇って来た当日の興奮をDVDで独り噛み締めながら観ていたら、オーラス曲のエンディング、両手を広げ天空を仰ぐポーズの矢沢の横顔のアップには、頬を伝う一筋の涙がはっきりと判ります。
    キャロル・デビューより40年、広島で赤貧時代を過ごし何かを掴む為広島から夜汽車で上京する途中で、憧れのビートルズ→リバプール→港街→横浜とこじつけ、長旅の疲労で全身の痛さで衝動的に降りた街が横浜。当日MCでも何度か当時のエピソードが語られていましたが、矢沢永吉が横浜でバンド活動を始めてから40数年、ひとつでも運命のボタンの掛け違いが有ったら今のSUPER STAR矢沢永吉は存在しなかった訳で、そう考えると万感胸に迫るものが在ったのだろう、と此方も目元が熱く成りました。後ひと月、指折り数えて、今年も暮れの武道館のステージでタオル投げて来ます。

  • Юрий 療養休職中 
    11/12 06:02

    ももクロとおじクロかけてるんですね

    しかもジャンプも同じ跳び方〜
    演劇好きで見に行きたいのですがこちらでは見る機会も少なく…

    ラッパ屋さん覚えておきます

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)