たまには、

  • 池田昌子 公式ブログ/たまには、 画像1
  • 池田昌子 公式ブログ/たまには、 画像2
手にとって、ページを開いてみなくてはと思ってしまった。


昨日のマグナムのパンフ(?)の下にあった写真集は、

「HENRI CARTIER-BRESSON / PHOTOGRAPHER」です。

20代のはじめに買った写真集。


この写真集だけじゃなく、忙しさにかまけてページを開く機会が減った写真集や画集が本棚に並んでいる姿は、、、。何だかネ。

展覧会などに出掛ける機会があると、そんな本棚の書籍に「ごめんなさい」な気分になってしまうネ。。。



画集や写真集はじっくりと眺めて楽しみたいと思う欲張りさのせいでしょうか?
パラパラとめくったり、1枚(1ページ)だけに時間をかけたり出来るのにね




読書の秋、芸術の秋といいますが、秋の夜長を画集や写真集などの書籍と緩やかに過ごしたりしてますか

小説を読み耽っていますか



・・・どちらもしていない私。小説は移動中に

少し、本棚の書籍たちと仲良くする秋にしてみたいと思います




そういえば、昨日の展覧会で展示されていたジョージ・ロジャーの写真がとても好きになりました

パンフ(?)から撮影したので、番号入りで色も実物とは違うけれど、UPします
 できれば、実物を観てほしいです





空の美しさも一際です


明日は”オリオン座流星群”が見頃ですって






 
  • コメント(全1件)
  • ライコネン 
    10/21 00:24

    今晩は。世代的にも、個人的にも、急速に普及するネットで検索するよりも、書籍で知識を増やす方が好きです。
    最近は又趣味の世界の雑誌でマガジンにフィギュア・ミニチュアが付いた物があって。週刊で100号で完成だと、トータルで丸2年、計\16万位になっちゃうんですがね、パズル同様、買いそびれがあると付属のモデルは未完成に。なかなか旨い商売に載せられています(笑)。最近はアルミで組み上げて行く零戦とか、2年位前のF-1のミニチュアが欲しくて最後迄買っちゃいました。ミニチュアを造る楽しみも有りますが、17号位ずつ綴じて於くブックバインダーにマガジンを貯めて蔵書して行くのも楽しみで。更に今は、ずっと購入している証明の応募券を貯めて返送すると、DVDのオマケ貰えたり。セナが初戴冠した年のマシンのシリーズを集め始めて、付録で貰えたDVDを今日リハビリから戻って観ました。2年位前映画館で観たドキュメントで、当時DVDを買おうか迷ってそのまま忘れていた映像だったので少し複雑な心境になりました。
    クルマ等でも映像よりも写真に惹かれてしまうのは年齢的にアナログ世代だから故ですかねぇ。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)