退院おめでとう!!

  • 池田昌子 公式ブログ/退院おめでとう!! 画像1
今頃、久しぶりの自宅でゆっくり寛げているでしょうか


大変なリハビリ、よく頑張りましたね


本当にお疲れ様でした



まだまだ頑張りは続くのでしょうが、大きな一歩を乗り越え、素敵なパートナーに出会い、これからの道のりはきっと幸せへの道のりなのだと感じています



退院のお祝いに”スズラン”のお花をプレゼント


写真から、気持ちだけでも受け取ってもらえると嬉しいです




スズランには、「セント・レオナード伝説」という伝説があります


「セント・レオナード伝説」

森の守護神、セント・レオナードは 純潔でたくましい青年。

修行の旅の途中、セント・レオナードは深い見知らぬ森で不覚にも道に迷ってしまいました。

日も落ち始めたころ、突然闇の中から大蛇が彼に襲いかかってきました。

セントレオナードは剣を抜いて、勇敢に立ち向かいました。

その大蛇は、火を吐き、毒を飛ばす、森の闇に潜む魔物の中でも最も怖れられた百蛇の化身だったのです。

大毒蛇との死闘は三日三晩続き、瀕死の重傷を負いながらも残された力の全てを使いセント・レオナードは四日目の朝、ついに大蛇を剣で倒すことが出来たのでした。

しかし、壮絶な格闘はセントレオナードに瀕死の重傷を負わせてしまいまいました。その傷からは多くの鮮血が滴り落ち、彼は草の上に倒れ込んで息絶え絶えになってしまいました。

鮮血は森の草々を深紅に染めましたが、不思議なことにいつの間にか白くて可憐な香りを漂わせたスズランがそこには咲き乱れていたのです。

森の精霊が、若く清らかでたくましいセントレオナードの痛ましい姿に心を痛め、真っ白いスズランをあたり一面に咲かせたのでした。

スズランは癒しを意味した花で、それに続く平静・幸福を意味するようになったのです。



「スズランの花言葉」=「純潔」「純愛」「幸福の訪れ」「しあわせの再来」



退院のニュースもかけがえのない出会いのニュースも、とっても嬉しくて、私まで幸せな気持ちでいっぱいになりました


知らせてくださって、ありがとうございますm(_ _)m




ステキな未来を描いていってくださいネ








 
  • コメント(全2件)
  • カリート 
    6/29 06:24

    おはようございます。退院よかったですね!

  • ライコネン 
    6/30 10:06

    おはよう御座います。そして嬉しいコメント、ありがとうございました。
    最初の病院に入院した晩、妙に醒めた感覚で、あっ、俺の人生終わったなぁ、と思っていました。歩行器使えば、入院して直ぐに歩けていたのですが、其処から4年前の単車の事故で骨折した左膝の治療でも果たした、杖無しでの歩行を再度果たす為、秦野のど田舎の病院へリハビリの為に転院、介護タクシーに車椅子で括られ、運ばれて行った時は情けなくて悲しかったです。
    その病院では誰よりもキツいトレーニングをして来た自負はありますが、左膝の古傷が悪さをして、色々な部位に痛みが出て来て。下半身の強化を徹底しようとしも其れが出来ず、騙し騙しその時に出来る事を腐らずつづけました。まだ自分の最初に描いていた目標点に達して居ませんし、もう少し、という気持ち気力も湧いて来たので、もう少し頑張りたいです。
    まだ回復期リハビリは後三ヶ月位受けられるので、仕事通いながら、有給を月何日か使い、地元の病院に外来リハビリ受けに通い、更なる向上を目指します。
    一昨日、弟夫婦が車迎えに来てくれて、近所のファミレスで中華を奢って、帰宅したその脚で病院で将来を約束する迄に為った彼女との約束を果たす為本厚木迄トンボ帰り。晩飯後彼女の部屋へ泊まり、ベッドの中で此からの事を色々話し合って、更に夜遅く迄一緒に過ごし、寝不足ながら久々に自分の部屋で熟睡できました。今日は
    から雨らしいですが、会社提出の為に書いて貰った診断書に追記が必要な文言を記入申請しに秦野迄戻り、此から一週間位で色々な手続きしなければならず、ちょっと忙しいですね
    本当、励ましのコメントありがとうございました。ずっと憧れ続けた、僕の目は間違いでありませんでした。又昌子さんのコメント読める様に成れて、そして酷いダメージでなく戻ってこれて心から嬉しいです。病気再発させぬ様に気をつけます。先ずはお礼迄
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)