3.11

2011年3月11日。

東日本大震災。


あの日から今日で一年。




連日のニュースや特番で流れる一年前と現在の状況。




家族を失い、一人残されたおばあさんは、思い出があり過ぎる町を

見ることができなくて、ずっと家にこもって出掛けない日々を送る。




無責任なことは言えないと思う。

その気持ちが痛いほど胸に刺さる。

でも、外に出てほしいと痛切に願ってしまう。





震災当時、自身の家族を離れ、懸命に捜索・救出活動に命懸けで

臨み続ける自衛隊・消防・警察の方々の姿。

どれほど多くの命を救ってくださったことか・・・。

救出された方々の現在の元気に暮らす姿に涙が止まらない。






震災の危機を潜り抜け、町の復興を願い力強く暮らすおじさんの笑顔。

どれほどの生きる力を与えてくれることだろう。

前を向いて、がんばらなければいけないのだと痛感する。

ありがとう・・・。と頭が下がる。

生きていてくれて、ありがとう。

元気でいてくれて、ありがとう。

まだまだ、とても辛いことがたくさんある中で、

笑顔でいてくれて、ありがとう。







現在も多くの問題があり、復興も途の途上。

それでも、少しずつ、少しずつ、息を吹き返し、新しく生まれる新しい未来。




被災地となったその土地も、現在を生きる方々も・・・

日本の新しい未来の一番大切な担い手なのだと感じます。

そして、全てが・・・

失われてしまった多くの方々の尊い命の生きた証だとも感じます。





よりよき未来へと・・・。



みんなで精一杯がんばっていかなければいけないのですよね。





これからも、それぞれががんばっていけますように。

そして、その一つ一つのがんばりが大きな力になっていきますように。





一日も早く復興が叶いますように。




被災地でがんばる方々の心の平穏とご健康を心よりお祈りしております。






東日本大震災で失われたかけがえのない多くの方々の喪に服し、

心よりご冥福をお祈り申し上げます。






池田昌子
















 
  • コメント(全5件)
  • DAIGO 
    3/11 13:31

    これから、追悼してきます

  • ライコネン 
    3/11 13:48

    今日は
    本当にあの日から1年。震災直後はその被害の甚大さに、悲しさを実感・痛感する余裕すら在りませんでした。今日は各社地上波放送のTVを見ながら、涙が自然と頬を伝ってきます
    直接・間接問わず、あの日に人生を変えられてしまった方々を思うと軽々しい発言は避けなければなりません。そして。
    一刻も早い完全なる復興が成し遂げられる事を願って止みません。
    もう少ししたら桜の
    開花も北上し、その美しさを見せてくれるでしょう。被災した方々の心にその少しでも届く様、心からお祈り致します。
  • ユージ 
    3/11 15:00

    忘れてはいけない。いや、忘れられない3・1
    自然の怖さを感じました。友人、家族を失う悲しみ。被災された方々の悲しみを思うと胸が苦しくなります。2時46分 黙祷させて頂きました。心より御冥福をお祈り致します。

  • ひらりん 
    3/11 18:21

    きれい事じゃなくて
    美化しなくて
    現実をみて……。
    前に進んでください

    私は後ろから「ちょっと」しか押せないけど。

    人間は弱くない……
    阪神大震災の被災者より
  • カリート 
    3/12 08:12

    あれから、一年ですね日本の底力に期待する!まだまだがんばろう日本!
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)