本ネ。。。

  • 池田昌子 公式ブログ/本ネ。。。 画像1
いろいろお薦めをありがとうございました


山積みの中にある本のタイトルもあって、ますます早く読みたい!と思ってしまいました


私は、ジャンルを問わずにいろんな本を読みます


何かネ、特別「推理小説」とか「SF」とか「ラブストーリー」とか「伝記」とか「実用書」(w とか・・・、これっていうこだわりはないのです


だから、これおもしろいよ
という本を教えてもらえると、時間のある時に読んでみたいナ
と思うのです



最近はゆっくり読書できずに、急いで眼を通す感じの書籍くらいだけど・・・、夏に一気に読んだ本をお薦めしてみます



大先輩達とのお食事会で小説の話になった時に数ある話の中で妙に惹かれて、後日早速読み始めたら、、、実は以前に読んだことがあったというオチの本です


読んでいるうちに「これ、読んだことある!」って途中で気が付いたんだけど、大半を忘れていた上にストーリーがあまりにおもしろくて、あっという間に読み終えた本です


ジェフリー・アーチャー著 「ケインとアベル」。


たぶん、読んだことある人も多いかとは思いますm(_ _)m


でも、私みたいにストーリーを忘れてたりするとまたハマります


すごくよく出来ているので、本当にどんどんハマって、先が知りたくて、止められなくて、一気に読んでしまった私デス。。。



なので・・・、くれぐれも睡眠不足にはご注意ください
ナンチャッテ





人の心の”ボタンの掛け違い”のようなものを考えさせられてしまうかもしれません


少しだけスリリング(?)な秋の夜を・・・



P.S. サッカーの対韓国戦を観られませんでした(涙;

  でもネ、心はいつも応援しています


 
  • コメント(全5件)
  • とん 
    10/14 22:22

    ご紹介ありがとうございます。

    まだ読んでないので、早速読んでみますね〜

  • k 
    10/14 22:42

    ケインとアベル読んだよ?かなり昔の話だけど…当時テレビで映画なのかテレビ映画なのか2夜連続か何かやった事有ったよ?
  • ものぐさ四郎 
    10/14 23:22

    なるほ
    なるほ


    いろん
    を読んでるんですね


    また
    白いのがあれ
    ログに
    いてちょーっ

  • ライコネン 
    10/15 07:11

    おはようございます。最近、忍耐力が無く為って来たのか、小説でも長編を読まなく為ってしまい、筆者の実力が如実に現れる、を理由に、短編ばっかり読んでいます。例えば、「ロシア小説自薦集」「奇妙な味の物語」(共に五木寛之・著)、「極限の狩人」(大藪春彦・著)、「死刑執行人の苦悩」等がお勧め。ジャンルは幅広いですが、これらは読んで損はしないと思います
    中学時代は、授業中も貪る様に、小説読んでいましたが、それに比べて全く読まなく為っちゃったなぁ、と自分でも呆れちゃいます。
  • 愛羅武優 
    10/15 12:52

    活字離れと老
    、細かい字が苦手に


    久しぶりに読書してみようかな?

    怪我しちゃって、時間は売るくらいあるから‥

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)