第7章

  • いでけんじ 公式ブログ/第7章 画像1
どーもー!不届き者は朝方4時ぐらいまで騒いでるんだよ┐('〜`;)┌いでけんじでーす!


何か、3〜4人で麻雀かゲームやってるっぽい(T-T)



第7章


『らっしゃいやせ〜!』


店員さんが、威勢よく挨拶している


『1名様ですか?はい1名様ぐぁんな〜〜い!!』


グンゼに負けず劣らずデカイ声だ…


受け付けの店員さんのとこに案内される


『はいらっしゃせ当店初めてでしょうか?気に入った娘が居ましたら場内指名等していただけましたらお席の方につかさせて頂きます』


ものスゴく早口で、息継ぎもしないで言い切ってた…


これもある意味プロのワザだろう…と感心した…


とりあえず、誰も指名しないで空いてる女性が席に着いてくれるフリーと言うやつで入り、席についた…


しばらくすると…

『リンゴですぅ〜♪初めまして〜♪』


やたら語尾をのばす女性が席に着いた…


フレッシュフルーツ…どうやらここの女性達はみんなフルーツの名前がついてるようだ…


『水割りでいいですか?』

テーブルには安い焼酎が置いてあり…客は飲み放題のシステムみたいだ…


『私も1杯いいですかぁ〜♪』


この安い焼酎を飲むのだろう…って思ったので…


『あっ…いいよ…』


と言ったら、リンゴちゃんの顔がパァーっと明るくなり…


『ありがとうございますぅぅぅ〜〜♪』


と言い…

『すいませ〜ん!カシスオレンジ〜!』


と、ボーイさんに言っていた…


『はっ!そうゆうシステムか!女性が飲み物を頼むと、その代金はこっちにつけられる…』


『そうやってこの女性達はお金をむしり取るのか!』


『しかも、最初の1セット(40分)は2千円…とリーズナブルだが…もう1セット(延長)をすると次の40分は5千円に跳ね上がってる…』


『どうやったらそんなインフレになるんだ…』







と言いつつ…合計3セット(1万2千円)女の子の飲み物4杯(4千円)フルーツ盛り合わせ(4千円)合計2万円の明細を渡された


『…………………………………………………………………………………………………………………………』


『た、た、た…』

















『楽しかった〜♪』


また来よう…そう胸に誓ったBVDだった…


じゃ今日の一言

『えっ?いでちゃんはキャバクラ行ったことあるかって?無い無い、無いってば(笑)』