第1章

  • いでけんじ 公式ブログ/第1章 画像1
どーもー!ランドリー男いいですね\(^-^)/いでけんじでーす!


ホームレスサラリーマンさん♪それいただきですm(__)m



KAGEROUにつづけ!いでちゃん渾身の小説(^∀^)>


『ランドリーマン』

僕の名前はBVD、人とまともに喋れない32歳


そんな僕だから、彼女なんてもちろん居ない


日当たり最悪の部屋に1人暮らし、冬は洗濯物も乾かない


『仕方ない、コインランドリーに行くか…』


人嫌いなBVD、メインの通りにあるコインランドリーじゃなく


ちょっと奥にあるヒッソリしたコインランドリーに向かった


洗濯機やら乾燥機が何台か回ってるが、人は誰も居ない


『は〜良かった…おばちゃんとか居て気さくに話しかけられたら面倒だし…』


乾燥機に200円入れて、帰るのも面倒だから、そこで待つことに…


携帯ゲームで『上海』しながら待ってると、1人の女性が入って来た


年のころは20代後半、黒髪に、清楚な感じのファッション…


何より、言葉を失うぐらいの美人でBVDは口をあんぐり開けてただただ目で追うだけです


『こんな人もコインランドリーなんか使うのか〜♪』


目の前を通りすぎるときに、これまたいい匂いがする


女性は乾燥機に向かい、一瞬目が合い、サッと目をそらすBVD…


恥ずかしそうに、そそくさと洗濯物を持ってきた袋に取り込む女性…


女性を気にしながらも『上海』をしながら無関心をよそおうBVD…


洗濯物を取り込み、足早に帰る女性…


そのとき!BVDにチョコンと頭を下げて出て行った!


いや、出て行った気がする!

『え?何?俺に気があるの?気のせい?どっち?』


ふと、女性が使ってた乾燥機を見る…


『ん?何かある…』


乾燥機に近づき、中を見ると…


『ブ、ブ、ブ、ブラジャーやん!!』


『しかも、黒で何かスケスケなやらしい感じのやつやん!』


『え!?あんな清楚な感じの女性が、これつけたりしてんの!』


おそるおそる手にとる…

タグを見たら、ワコールの商品だ!


あの女性のことをワコールと呼ぼう…


つづく…


じゃ今日の一言

『何か入りがAVっぽいね(^∀^)>』