DRAGON GATE 大阪チャンピオンゲート・

二連戦・メイン中のメイン

CIMAvs吉野正人・ドリームゲート戦。


きましたスピードスター・最速再チャレンジ。



神戸の土井吉対決・吉野選手の入場実況文句で


(俺は行く 最速で!)とやったんですが


その試合後、勝った吉野選手が同じことをアピールしていたので、

狙いはやはりそこだったのかなと推理しました。



ドリーム戦線、年明けから、斎藤選手に神田選手の挑戦


CIMA選手にとっては比較的じっくり地力勝負が続いたと思うんです。


そこで、その顔合わせで良い意味のイレギュラーぶりを武器にできたのは(したのは)CIMA選手だった。


さてそんな流れから次回、吉野選手がチャレンジャーとなったなら


そんなふうに撹乱できるのはスピードスターの方ではないか?!



実力拮抗の条件なんてわかりきっている。


そこで上回り、プラス予測できない要素でしか今のチャンピオンには勝てない。

それを一番見極めているのが、外ならぬ吉野選手でしょう。


正直、今の吉野選手には全てがある。


CIMA選手が(好き)というほどの実力・雰囲気にもちろん速さ・スタミナ・技術に駆け引き


そして、実はいろいろな選手から耳にするパワー・タフネス面の素晴らしさ。


コンディショニングは言うまでもありません。


さらにさらにCIMA選手本人が苦手!と言う(精度の高さ)・・・



ズバリ


王者・危うし。



この危険度は今までのチャンピオンにはなかった。


2度目?


だから次こそ行ける!と吉野選手が見るメンタル的なアドバンテージも・・・



・・・ん?


メンタル的な?



・・・となると


驚異的な強さを爆発させるのが

あの王者でもあったね・・・


また次はその(てっぺんの男)側からお話ししたいと思います!