眼科。


先程少し書いた(主治医?)のところで、診断終了しました。


いつもの倍は混雑していて・先生、


「いや〜待たせちゃってゴメンね〜今日は大変でさ〜
じいちゃんばあちゃん多いでしょ、それからさ・・」

と、聞いても意味がわからない解説があってから診察です。


で、当方の右目は、まつげが(アカンベーした時の下の赤い部分)に突き刺さって

それが溜まってしまう形状らしく、


いつもその部分を切除したり抜いたりしながら


「お〜深くに入り込んでるな〜!」

「長いねこれは!」

と楽しそうです。


診察を映像に残せるシステムがあり、それを見せたいのか、

自分の仕事ぶりを誇りたいのか、


何回もその(ビデオ?)を再生し、説明してくれます。

プリントアウトしてその写真をくれたことも。



まあ大事なことか・・。




「市川さんの目いじってると退屈しないからさ、また来てね〜!」と何度か言われました・・。




・・コノヤロひとの目で遊んでるだろ・・。



でも聞いた話では腕は確からしく、

痛いとか不快に思ったことはありません。


何故か憎めないし、暇な時は少々世間話も・・。


正直、新しく近所にコンタクトレンズ屋と眼科ができたので、


そちらに鞍変えすることもできるんですが・・


何かなぁ・・。



何故か、二駅程先のこの先生がいる眼科に行っちゃうんだよなぁ・・。


また次回も行く・・だろうな。