DRAGON GATE追記・3

  • 市川勝也 公式ブログ/DRAGON GATE追記・3 画像1
  • 市川勝也 公式ブログ/DRAGON GATE追記・3 画像2
神戸大会・つづきます。


鷹木信悟 対B×Bハルク。


個人的には最注目カードでした。


これはハルク選手にかかってた。


何やったっていいんだもん、やらなきゃ!!




で・・、やったと思います。


壮絶でした。




器用さを(元々器用じゃないはず!自分をなかなか活かせないし)捨ててブッチギレたハルク選手って、



(勝ち負けじゃない!)って境地で感動させられるようなファイターになる気がするんです。



鷹木選手より、その部分は近いよむしろ。そこを目指す?って、率先してはもちろんないと思いますが。





鷹木選手は一貫してる。変わらない。



(最強!)
だから。




まず、今回はかかるものも半端じゃなかったですしね。





でも、今ここまでどん底に、叩き落とされるのは並大抵の結末じゃない。




相手が鷹木選手・・。




試合が終わって、言うのはどうかと思いますが(誤解恐れず言います)



自分は鷹木選手が圧勝、と見ていました。



でも、違ったんですよ、リングサイドから見る限り。


必死のハルク選手に、思わず応援してしまいたくなる(生きたい!)という叫びを感じたんです。


(勝負する目)が死ななかった!



ドリーム戦の吉野選手もそうでしたが、


(立つ!すぐ、あいつ来るぞ!)って目をダウンした時にしてたんですよね。


あの目を持つ必死のハルクって、可能性あると思う。



初めてそう感じました。坊主頭になったからじゃなくて。




相手の鷹木選手。




最高でした。




そうなんですよね、強いんです。




そのために戦ってきたんですよね鷹木選手は。




負けられなかったのは実はハルク選手の方じゃないから。断然。




(勝って当然)、鷹木選手は言います。




でも、勝つべくして勝つことがどれだけ難しいか。




(窮鼠猫を噛む)・・

猫じゃないよハルクは。




もう、同期とかどうでもいい。



信悟と石原でしたね。



まあ・同期大事か(笑)





お互いを引き出す強さ(引き出してしまう?)。



その極限で、潰す。




二年前のメインより良かった。




鷹木選手の真骨頂を見ました。



この時点で実況はギブアップでしたね(ウソ!死んでもできないって!)。





試合後のやり取りについては触れません。




ドリームゲート戦は次回。



また長くなった・・。

 
  • コメント(全2件)
  • のりこ@(海賊バトル禁止) 
    7/15 05:12

    まさに「壮絶」の一言でした。実力は信悟のが断然上。だけどタレント契約したから坊主にはならないだろうって思ってたら見事に予想を裏切られました。凄かったです。ここからのはい上がりに期待したいです。
  • すなりん 
    7/15 15:01

    今回は明らかにハルクが勝つだろうという空気の中、壮絶な激戦を、だれにも文句のつけようのない形で押し切った鷹木信悟。

    正直2年前は、まだこの二人で神戸ワールドのメインはまだ早いだろうと思っていましたけど、この二人にしか繰り広げられないドラマがありました。

    両選手に感服です。そして、ハルク、這い上がってくれ!!
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)