DRAGON GATE追記。

梅雨空の下の、神戸ワールド記念ホール大会。



アツく・濃厚でした。




タッグ(6人含む)のクオリティーは言わずもがな、いや、


更なるレベルアップ。



この段階での向上というのはちょっと想像を超えています。


誰が何処で脱落するのかが、どんどん予想しづらくなっている。


イギリスから定期参戦のPAC。


もう団体の至宝のひとり!

外国人選手だと、かつてはマット・サイダルの(飛び)が素晴らしかった。


しかし、回転速度とバリエーションはPACが勝る!






ツインゲート戦。


満身創痍のなか、お互いをカバーしながら(ワンチャンス)に賭けたクネスカ。


試合後、握手をはねつけた望月選手。


らしさ全開。



入場もよかった!



と、長くなりました、対大阪勢、シングル戦線についてはまた次回。



夕食タイム(笑)

 
  • コメント(全4件)
  • シュバイン 
    7/12 19:40

    PACの空中技はプロレスを知らない人が見ても凄いですよ


    モチフジは同世代なので頑張って欲しかったですけどさすが絆タッグです

  • 市川勝也 
    7/13 00:49

    (飛べる)選手はすごいですよね


    ただ、(舞う)選手は少ないと思います
  • すなりん 
    7/13 02:13

    どうすれば人間にあんな動きができるのか?
    PACのブリティッシュエアウェイズ(でよかったかな?)や360゜シューティングスタープレスを見るといつもうっとりしてしまいま
    年間最大の祭典、選手の皆様お疲れ様でした
  • 市川勝也 
    7/13 02:46

    バートナーの土井選手が全てを物語りましたね

    (俺やないよ、PACや!)


    そんな土井選手にも期待しています!
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)