当たり前の一日

笑ったり、泣いたり、怒ったりして今日を過ごす。

なんでもない当たり前の一日。

あなたと過ごす「当たり前」を今日も感じて。