EURO2012 グループリーグ勝手に予想w

EURO2012が見たい!
最近なかなかしっかり見れないので
ちょっと個人的な見解を日記してみようと思う♪
(完全に個人の主観での意見ですm(_ _)m)

まずはグループAから
[ロシア、ポーランド、ギリシャ、チェコ]
予選無敗通過のEURO2004の覇者ギリシャ。
前大会旋風を起こしたFWコンビが健在なロシア。
個人的には大好きはバロシュやロシツキーなどタレントの揃うチェコ。
開催国の意地を見せたいポーランド。
カウンター主体のチームが揃ったこのグループ。
その中でも僕はやはり予選無敗、2004の力強さの再来を見せるギリシャを押す。
最終ラインからの縦パスというよりは中盤で強いプレスをしいて、サイドからのカウンター。
高身長FWサマラスがキープレイヤーにはなりそうだがこのグループでは1位通過を予想する。
次点はロシアか。前大会ベスト4時のFWアルシャヴィンの得点力はやはり素晴らしい
ディフェンス陣も安定していて1試合平均1点とられない予選は目をみはるものがある
安定感という点でロシアを2位通過に予想したい。

次はグループB
[オランダ、デンマーク、ドイツ、ポルトガル]
まさに死のグループ。
どのチームが勝ちあがっても不思議ではない。
この難解なグループの予想だが、まずはドイツをあげたい。
ドイツにはめずらしいタイプのMFエジル。
司令塔という名前が本当にあてはまるプレイヤーだ。
他を活かし、自分も活きる。
ドイツにはなかなかこういうタイプの選手はいなかった。
まあそれがドイツの良さでもあったのだ。
パスの出所が複数あり、色々なパターンの攻撃をできていた。
エジルを中心としたサッカーに移行していく中で
ボールが彼をほぼ必ず通過するスタイルになってきている印象。
他チームは彼をどの程度封じれるかが勝負どころになるだろう。
次にあげたのはオランダ。
攻撃陣はもう説明の必要もないタレントを擁しているが
この予選注目すべきはディフェンスの安定だろう。
ハイティンガ、マタイセンを中心とした守備陣の成長が
W杯のスペインに敗れたころとの大きな変化だろう。
この変化で宿敵スペインに借りを返したい。

そしてグループC
[スペイン、イタリア、アイルランド、クロアチア]
大本命スペインの入ったグループ。
もちろん僕もスペインを本命にあげる。
正直今このチームの隙をあげる方が難しい。
負ける要素が少ない、というかほぼない。
唯一負ける要素をあげるとすれば、おごりだが、、、
それも予選を見る限り微塵も見せない全勝通過。
このチームを止めるチームを探すというのもこの大会の一つの楽しみかもしれない。
次点はイタリア。
予選を無事通過できるか。これがこのチームの難題。
W杯での1勝もできないままの予選敗退。
守備陣は伝統の「カテナチオ」で安定している(予選10試合中2失点)のだが
攻撃陣が少し甘い印象。
もちろんタレントはいるのでどの程度奮起してくれるかがこのチームの課題だろう。

最後にグループD
[ウクライナ、イングランド、スウェーデン、フランス]
一見実績のあるフランス、イングランドが有利に見えるこのグループだが不安要素も多いグループ。
波乱がおこるとすればここだろうと僕は考えている。
このグループでまず僕があげるのはスウェーデン。
予選で3-2でオランダをくだした攻撃陣。
イブラヒモヴィッチが攻撃の核となるのは間違いないだろう。
守備も含めた全体の試合プランをどうしていくのかを明確にし
強豪を撃破してくれることを期待したい。
最後にあげるのはフランス。
もはや伝統と言ってもいいダブルボランチ。
核となる選手を適格につぶし、攻撃の芽をつんでいく。
後は攻撃だが、それもリベリー、ナスリなど多彩なタレントが増えてきた。
前回大会の汚名を返上する準備はできている。
強豪イングランドだが、予選でのプレーでエースルーニーを2試合目まで使えない。
もちろん他にもメンバーがそろってはいるが、彼がいないことは痛い以外の何ものでもない。
これでプランが変わってしまう事も僕は不安要素に思う。
↑の事から今回は予選敗退を予想した。


これをふまえた決勝トーナメントの予想はまた後日。
みんなでEUROを楽しみましょう♪