麻績服部

  • 妃羽理 公式ブログ/麻績服部 画像1
前回は、服部氏の成り立ちについて説明しました。
今日は、私の忍術の流派、麻績服部流忍術のネーミングのもとになった、麻績服部(おみはっとり)氏の説明をします。
麻績服部流の祖は、鎌倉時代の藤原朝臣服部伊賀守という人。
藤原は中臣の子孫なので、位としては連だが、蘇我氏などが滅んだことで一番最初の氏姓制度が崩れて来たので、飛鳥時代天武天皇の頃、新たな姓が生まれた。
そのうちの一つが朝臣(あそん)。
朝臣とは、皇族だけど、天皇とは血縁関係が遠い臣姓。
ここまでを聞くと、凄く高貴な家柄?と思うかもしれませんが、そうではありません
その高貴な人の配下にあった服部(はとりべ)の家柄ということ。
〜守というのは、一国の民政、裁判を司るために、中央政府から派遣される地方官に与えられる役職。
つまり、伊賀守とは、伊賀の国の地方官ということ。
服部半蔵は代々石見守だったが、これは、徳川家が、服部家に、石見銀山の管理を任せようとして与えた役職。
しかし、服部伊賀守と服部石見守の決定的な違いは、
伊賀守は、朝廷から与えられたきちんとした役職であるのに対して、
石見守は、一つの家であるにすぎない松平家(徳川家)が、朝廷の制度を真似て勝手に付けた役職。
どういうことかというと、幕府というのは、初めは単なる朝廷の組織する軍隊のことだったので、鎌倉時代の承久の変までは、全国に及ぶ政治権力は、朝廷の方が強かった。
しかし、承久の変で、幕府が、朝廷に勝つと、幕府が完全に全国を支配するようになったにすぎないので、〜守に本当に役職的に意味があるのは、鎌倉時代の承久の変以前であって、それ以降の〜守というのは、安易に付けられる役職になってしまい、実際に石見に勤めなくても石見守という名前がついてしまうようになった。
何が言いたいかというと、この服部伊賀守は、承久の変以前の役職なので、きちんと伊賀で勤めた人だということ。
つまり、伊賀地方の服部氏の祖であるということ。
もっというと服部半蔵の祖先ということ。
その服部半蔵の祖先の服部伊賀守が、伊賀守の任期を終え、承久の変以後力を持った鎌倉幕府から、今度は地頭として派遣された地が、信濃(長野県)の麻績(おみ)の地だった。
この麻績の地は、承久の変以前は、朝廷の直轄地だったので、地頭はいなかったのだが、承久の変以後は、幕府領になったので、地頭が置かれた。
では、なぜ、服部伊賀守を起用したのか?
それは、伊賀も朝廷の直轄地だったので、武士の勢力の及ばない土地の民の扱いに慣れていたことが、この抜てきの理由だろう。
ともかく、この服部伊賀守が、伊賀から連れて来た民衆と、もともと縄文民族の末裔の多い信濃の民衆との技術が錬磨されたのが、麻績服部流忍術の源流なのである。
その服部伊賀守の子孫である麻績服部左衛門清信の頃に、完成したのが、麻績服部流忍術なのである。
私の本名は、宮下というのですが、宮下家は、服部清信の弟、服部加信斉が神主を務めた麻績神明宮を代々守っている家で、私はその一族の流れを組むものです。
そういった縁で、私が麻績服部流忍術の正当継承者になった訳です。




 
  • コメント(全5件)
  • Taka 
    4/21 08:25

    由緒あります
  • 鬼《樽》嫁 
    4/21 09:08

    継承者はどれくらいいるのですか
  • 妃羽理 
    4/21 11:09

    鬼《樽》嫁さ
    伊賀流忍術の継承者は、全国に12、3人ほどいるのですが、伊賀麻績服部流忍術の継承者は、私一人です!
    これは大問題で、私がニューハーフであることが、更に問題を深刻にしています

    私の子孫が出てこないことは、麻績服部流忍術の断絶を意味するからです

    かといって、弟子もいないので、大変な問題なのです
    父親との溝が埋まらない原因はそこにあると言っても過言ではありません

  • 手乗り蛸 
    4/22 21:38

    ためになりますね〜
    後継者問題は私もLGBTの一員なので考え込んでしまいました。
    重責に悩まされる日々です

    でもどうかいいお弟子さんが来ますように…!
  • ぴあん 
    4/27 07:17

    私の家系は御大層なものでなくて良かったです
    第一女性が必ずしも子供を作れるとは限りません。
    悲しいですが残らないのであればそれまでのものです
    過去にもそうして失ってきた勿体無いものたちがあるのでしょうか…。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)