蛇にピアス

あんにょんはせゆりよー(^-^)/



今更ながら



蛇にピアス



読んだ。



金原ひとみさんの例の受賞作品。





読みながら


うぉ…

ってつぶやくコト多し。



あの作品は10代の時にしか書けないわ。




イっちゃってる世界観なんだけど

若者の行き場の無い感じとか葛藤とか、

かと思えば流れるままに〜みたいな感じとか

ゴロゴロその辺に転がってる現代においては普遍的な感じ。



私は10代の時にパワー不足になったり、

全てがどうでもいい感じにはならなかったから

リアルかどうかなんて全ては想像でしかないんだけど。



でもこういう廃れた感じ、嫌いじゃないσ( ̄∇ ̄ )


へへ。





そういえばこの作品は映像化してるんだよね。

この世界観をどう表現してるのか気になる…(;¬_¬)


キャストは誰なんだろ。



見てみよかなー