1995.01.17


神戸の人間にとって絶対に忘れられない、
絶対に忘れてはいけない日を
今年も迎えました。


1995年1月17日 5時46分
阪神淡路大震災

あの日から今年で19年もの月日が経ちました。

死者6434人。

あの頃まだ幼かった私は
この数字がどういうことを意味してるかも分からなかったです。

ただ大きな地震が起こった。

そんな認識しか出来てなかったと思います。


大人になって、
あの震災の被害の中生き残れたということ。
自分は生き残った人間であって、
今こうやって生きてることが当たり前の様で
当たり前のことじゃないんだと。

自分が生きていることがどういうことなのかを理解した時、

自分はこれから生きていかなければいけない。

そう考えれるようになりました。


2011.03.11
東日本大震災

をも経験し、
自分が生きていられるということが
どれほど素晴らしいことなんだろうと思うことが出来ました。

当たり前じゃないんです。


今日、追悼イベントには参加出来ませんでしたが

19年の今日、5時46分。
この神戸で黙祷を捧げることが出来ただけでも
私にとっては嬉しいことです。

19年前の今日、
被災され亡くなられた方々のご冥福お祈り申し上げます。




HaRuHi