祈りましょう

今日、8月15日はお盆というだけでなく、日本が太平洋戦争(1941〜1945)に敗れた敗戦(終戦)の日(いわゆる終戦記念日)ですね。

自分と同世代、または自分より下の世代の若者の中には「日本とアメリカが、かつて戦争をした」ことを知らない人も増えているようですが。。。

太平洋戦争では、軍人だけでなく、ほんとにほんとに多くの民間人の方が空襲や地上戦の犠牲となりました。8月15日には毎年「全国戦没者追悼式」(1952年〜)が行われます(正午前からNHKで中継されます)。

天皇皇后両陛下も臨席されます。戦争で犠牲となった沢山の方々を追悼するのです。追悼式は「宗教的に中立な形で執り行われる」ようですが、そこには確実に「祈り」が存在します。遺族をはじめとする多くの人の祈りが…。

「戦争なんて関係ないじゃん」「そんなの過去のことさ」という若者も一度「全国戦没者追悼式」をテレビで見てみたら、どうでしょうか。正午には黙とうをします。「戦争を知らない若者」も、テレビを見て、祈って、そして「何か」を感じとる。それだけで、日本が少し変わるような気がします。

「死者」が今を生きる人を変えるー歴史(または亡くなった人)と我々は「無関係じゃない」ってことを認識するだけで、素晴らしい国になるんじゃないかな。皆さん、今日は祈りましょう。