『いよいよ千秋楽@はまち』

  • 濱地恵 公式ブログ/『いよいよ千秋楽@はまち』 画像1
  • 濱地恵 公式ブログ/『いよいよ千秋楽@はまち』 画像2
  • 濱地恵 公式ブログ/『いよいよ千秋楽@はまち』 画像3

こんばんは、濱地恵です(*^^*)

野外劇、いよいよ明日千秋楽です

雨が続きましたが、明日は晴れるみたいです!
夜空の下での舞台。
ぜひぜひ遊びに来てやってくださいね



劇団犯罪友の会ーHANTOMO−野外演劇公演
「ゆづり葉」

2013年10月17日(木)〜22日(火)
18:00受付開始 19:00開場 19:30開演
会場 難波の宮公園 犯友野外特設会場 
前売:3,000円  当日:3,300円.........

「ゆづり葉」
作・演出 武田一度

「あかんたれ」の、いじけた恋の物語。

*花の役者衆
川本三吉 中田彩葉 金城左岸 
大場吉晃 かよ 怪人バース
平野泰子 渡辺奈緒美 小室恵 
上木椛 濱地恵 中瀬えり子

*月の裏方衆
舞台監督 津島修二
進行   大場吉晃
照明   山中孝彦
音響   遠藤裕子
特殊効果 岡田正夫
舞台美術 多賀慧
大道具  トU+2014タ
     犯友大道具部 魔修羅組
衣装   中田彩葉
記録   エジマタケシ

制作   平野泰子 上木椛
     U+FFFDイチエリ

宣伝美術 岡藤真依 堤恵理
   

口上
なんと「いやしい時代」になってきたものです。歴史認識を反省しなきゃならんらしい。いつの時代でも、どんな国でも、歴史とは因果関係の解釈に過ぎません。
時の権力者によって、ねつ造、曲解されるものでんがな。
最近、こんなにあからさまに虚偽と恫喝が繰り返されると、ご近所さんの「野暮さ」が透けて見えてくるものでんな。
お勇ましい言葉は聞こえぬふりして、お茶漬けさらさら、「ええ、お日よりでんな」
「いやらしくなかった時代」昭和の町のみなさんはド貧乏でしたが、小粋なご近所さんが大勢、下町に生息していました。
みなさんは「情」が暑苦しい程濃くて、困りはてる程お節介でおました。
そんな時代背景の「ゆづり葉」という芝居は、好きとは口に出せない、人間関係のしがらみに翻弄される「あかんたれ」のいじけた恋の物語です。
善意な人達の嫌味と嫉みのお節介。
ごくありふれた男女のありふれた恋が、異常な恋に変質して悲劇となる…この不器用なロマンス作りの哀しいまでの奮闘ぶりと結末をどうか見てあげてください。
ご近所づきあいはほどほどに…ましてや色恋のお節介は…

会場 難波の宮公園 犯友野外特設会場 大阪市法円坂1丁目
○地下鉄(谷町線・中央線)谷町四丁目駅下車 10番出口より中央大通り沿いに東へ徒歩5分
○JR環状線・地下鉄中央線森ノ宮駅下車、中央大通沿い西へ15分