美の聖人

  • 加覧 愛 (がらんあい) 公式ブログ/美の聖人 画像1
先日京都に出向き、色色な日本文化を学んでから、茶の世界に興味をもちました


どうしてあんなにシンプルなのに美しい世界なのか。

ある日、「火天の城」の著者、山本兼一さんの本を手にとりました。
昨年の直木賞作、「利休にたずねよ」を読んでみることに


山本さんの、ゆるりとした流れるような美しい文顔に、千利休の美のこだわり、人間らしい情熱も、心地よくしみ込んでくるおはなしです


この本を読んでいると、千利休がいかに「空間の調和」をはかっていたか、
「このひととき ひととき」を真剣に生きていたかを、感じます。

宇宙全体をかき乱さぬよう、人と自然の調和を重んじる。
そのために、『一期一会』が大切なんだなぁと。

よみすすむたび、心が澄みわたっていくようです



愛より。

 
  • コメント(全6件)
  • †ともみな†〜みなみは俺が守る〜 
    4/21 00:08


    なんか感動


    心が和

  • 樹杏姫 
    4/21 00:59

    今度買ってみようか

  • コウ儁 
    4/21 01:42

    はじめましてm(__)m
    珍しいお名前だったので見に来てしまいました

    空間の調和。心に和みをあたえてくれるモノを探していたので今度是非とも私も読んでみようと思います。


  • 山ちゃん 
    4/21 06:27

    読みま

    茶道はとても興味が有りま

  • まつ 
    4/21 21:31

    俺の心も澄み渡っていくようです

    ホントですよ

  • まめお 
    4/22 00:49

    宇宙全体をかき乱さぬようとは、壮大ですね
    が乱れると回りも乱れてきますからね。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)