勝手ににらめっこ

エスパーが21才頃の話。



山手線目黒〜代々木間だったと思う。

新宿へアルバイトの面接に行く途中

座席にエスパーと対面して座っている、少し上くらいの若い兄ちゃんがいた。



初めはお互い普通の顔をしていたが



対面している男の顔が不意に少しゆがんだ。何か思い出し、笑いをこらえているようでもあり

僕の顔を見て笑いそうになったのかも?


つられて僕もはじめはおかしくなかったのに吹き出しそうになった。


お互いに吹き出しそうになるのを

相当我慢したがついに耐えきれなくなり


お互いに「ぷっ」と吹き出しおもいっきり笑い始めてしまった。



まわりの乗客らは目がテン。




何故か車内はほのぼのとした。