思い出せない3

思い出せないことを思い出すことは、記憶力強化に良い。



あと、単純に思い出さないと気持ち悪い。



゛思い出せない゛史上、一番苦しんだのがあるロックミュージシャンの名前であった。



わからないことは携帯でしらべればすぐだが

当時は携帯の操作に慣れていなかった。



エスパー、洋楽が好きで適度に詳しいが

超詳しいレベルではない。


MTVミュージックチャンネルで

わずか数回観ただけだけどすごく印象に残る歌手がいた。



初めて観たのは1980年代。レコード、DVDは持っていなかったが名前は覚えていた。


10年くらい前そのアーチストの名前が気になったが

どうしても思い出せない。



来る日も来る日も一日に長時間考え続けたけど思い出せない。


誰でも知っているレベルではないので人にも聞けない。



ある日、光明が見えた。あたまに「ボ」が付くことを思い出した。


「ボズ・スキャグス?」近いけどなんか発音が違う。

ボズ・スキャッグスはわりと好きである。


もう、思い出そうとして三日以上経っていた。この際、ボズ・スキャッグスでいいじゃないか!

否、よくなーい!


ビル、ジョン、ジョージ、ジャクソン、ポールいろんな姓名の組み合わせを無数に考えた。

「ボズ」を基調に考えたら、ふと「ボブ」と出てきて

電光石化で「ボブ・ウェルチ」を思い出した。スッキリした。



あのときの思い出せなかった苦しみ。

改めてボブ・ウェルチを調べてみたら

なんとフリート・ウッドマックのメンバーだったことが判明。


フリート・ウッドマックだったら若いとき「噂」や「タスク」などのアルバムを繰り返し聴いた。

しかし、メンバーは美人ボーカルのスティービー・ニックスしか知らなかった。



ボブ・ウェルチ氏は昨年自殺して亡くなったという。65才。ご冥福お祈りします。







現代では思い出せないことがあっても

調べる方法が多様化している。