三丁目の伊東

  • エスパー伊東 公式ブログ/三丁目の伊東 画像1
大正時代のハエ取り器『ハイトリック』。


ハエをハイと言うところが笑える。



昭和30〜40年代頃?にはハエをマッチ箱に捕獲し

保健所に持っていくと10円で買い取ってくれたらしい。



この時代は東京でも、汲み取り式便所が多かったため、ハエはよく飛んでいた。



なので部屋にベタベタしたハエとり紙(テープを天井から吊るす)

ハエ叩きは必需品だった。



昭和46年頃、大塚グループアース製薬から強力殺虫剤「ハイアース」が発売され

ヒットした。CMは水原弘(ハイアースのお水)。





最近は銀蝿見かけないなー。ていうかショウジョウ蝿すら見かけなくなった。



昔はハエがブーンブーン飛んでうるさかった。不衛生だし。



うるさいという字を「五月蝿い」と書くくらいに。

 
  • コメント(全3件)
  • リスマルク^^ 
    6/27 20:31



    ハエトリテープそう言えば、ぶらさがってたなー…


    汲み取り式の便所懐かしー^^

    小さい時兄ちゃんがよくふた開けて覗いて怒られてたなー^o^
    なつかしかー



  • 迷子の羊 
    6/28 01:26

    み取り式トイレです

    ハエ今だに見掛けます

  • モジャモン 
    7/2 07:32

    ハエはたき、自分下手です

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)