ドゥーワップ

  • エスパー伊東 公式ブログ/ドゥーワップ 画像1
アフリカ系アメリカ黒人がゴスペルを基礎に

ジャズのメロディにスキャットを入れ、1930年代に流行り始めたもの。




ドゥーワップを取り入れた日本の音楽グループがラッツ&スター(旧名/シャネルズ)。



1981(昭和56)年、新宿東口「カメラのさくらや」(→現在のビックカメラ)付近で

当時人気絶頂のシャネルズメンバーたちが衣裳のまま歩いているのを見かけた!

女性ファンがたくさん群がっていた。



よくシャネルズを聴いたが



『ポイズン・アイビー』もシャネルズの曲かと思っていたが



ザ・コースターズの1956年のヒットのカバーだとあとからわかった。


歌詞はどういう意味なのだろう。
触るとかぶれる植物や、バットマンに出てくる女性悪党が「ポイズン・アイビー」と言うが。





黒人の歌・曲は陽気でノリが良いから好きだ。






ドゥワップ、ソウル、ブラックコンテンポラリー・・・