TPP交渉への意見

環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に日本は7月にも合流する見通しとなった。



エスパー個人としては比較的反対です。

理由は、条項は24あるのに、いかにも農産品の貿易ルールを決めるだけのように思われ

十分な説明がなく、分かりにくいのに拙早に進めている感があるからです。



皆さんはどう思われますか。



いろいろな疑問が沸いてきます。


「聖域(死活的利益)」が確保できないと判断されたり不具合が生じた場合は

本当に脱退できるのでしょうか?

5品目の重要農作物を関税撤廃の除外項目にすると言うことだけクローズアップされ

日本の農業を守れるかどうかを問題にしていますが

医療や保険制度の変更でどうなるか?

知的財産権は?


外国人労働者や移民の増加は?

金融システムは?



ISDS条項導入で国家間や企業の紛争が円滑に解決するかも、問題です。


先にTPPに参加しているカナダやメキシコの企業は

アメリカの企業と裁判になった際、毎回敗訴しているらしいです。



元々、戦後の日本は主張の弱さが目立ちます。

今後、少子高齢化が進み人口減で、経済力も低下し

世界第3位のGDPも数十年後には9位になると予測されます。



TPPはアメリカに有利な協定になりそうな気がします。



ニュースをざっと見ただけで深いところまではわかりません。

TPP参加により経済が活性化する可能性もあるかも知れません。



しかし、現時点ではTPP反対意見です。世論は賛成が上回っているそうですが。