綱渡り一族

  • エスパー伊東 公式ブログ/綱渡り一族 画像1
命綱無しの綱渡りを代々継承する


ワレンダ一族。


曾祖父カール・ワレンダは高さ40メートル、長さ50メートルの綱渡りに挑んだが

秒速13メートルのビル風でバランスを崩し墜落死した。1978年のことだった。





2011年同じ場所で、曾孫ニック・ワレンダとその母デライアがリベンジ。



それぞれ反対方向から綱渡りを開始。

二人の方が綱はより揺れる。

しかもすれ違うのが難しい。


見事成功!





『世界まる見えテレビ特捜部』で紹介されていたが







ドキドキして手から汗が出てきた(*_*)