"世界終末説" ハズれる

  • エスパー伊東 公式ブログ/"世界終末説" ハズれる 画像1
マヤ暦が終わる、2012年12月21日に世界は滅亡するという予言は見事ハズました。



マヤ暦とは別にアセンション(次元上昇)による終末説もあり、12月21日から23日に終わると言われていました。

何も起こりません。


「ノストラダムスの大予言」のときは一人の予言以外に根拠が無いので信じませんでしたが

「マヤ暦予言」には思いあたるところが数十くらい重なっているので5%ぐらい信じてました。



常識ある大人ならば信じないものを、少し信じてしまいお恥ずかしい。スミマセンm(__)m



まず映画『ピラミッドの嘘』の磁北極。実際にもう一つの北極点である磁北極は常に移動しています。

ある地点に来ると北極と南極のNとSが逆転し大変なことになるらしいです。

Xファイルのエンディングも2012で終わるし

太陽が今年四重極になったこと



ベテルギウス超新星爆発の可能性


アセンション、ニビル星、エレニン彗星、惑星直列、銀河直列、オゾンホール拡大、太陽フレアなどオカルトだったり科学的根拠の低いものを信じてしまいました。



土星爆発はワールドニューズウィークリーという嘘ニュースの専門雑誌の記事なのではじめからジョークです。



考えたら『ピラミッド5000年の嘘』も、本当のことを伝えたいなら『ピラミッド5000年の真実』というタイトルにするはずです。

終末説で盛り上がったグァテマラのペテン県も実在するけどペテン笑ってしまいます。


しかし、終末説の信者を救いに来るという

フランスのビュガラッシュ山に、12月21日午前1時に実際にUFOが現れた映像をTVニュースで見ました。