深夜の恐怖ドライブ

  • エスパー伊東 公式ブログ/深夜の恐怖ドライブ 画像1
夏の夜にふさわしく心霊体験談を・・・

実話です(※イラストもエスパー伊東)




あれは1990年の9月でした。夜中に津久井湖までドライブしたんです。


一緒だたのは僕の友達と、一緒に不思議研究サークルを主宰していた女子高生がひとり。
僕が運転していました。



時間が時間がですから走っているのは僕らの車だけ。



道路は灯りが少なく見通しも悪くて、変な圧迫感がありました。



ヘッドライトに浮かんでくるのは、ひたすらセンターラインだけです。

単調な光景が続いていました。

ところが突然、対向車線に、何か黒い塊が見えたんです。



一瞬のことではっきりしませんが、それはボロボロの黒い服を着た浮浪者風の男でした。

男が、べったりと顔を路面につけ、うつ伏せに倒れていたんです。



車の中は、もうパニック状態「今のは何だ!?」って騒ぎました。



ところが、とっさに急ブレーキをかけ、Uターンして戻ってみたんですが・・・あたりは何もないんです。


たしかに黒い服を着た男が倒れていたはずなのに。


そのへんは道の左側が湖で、右側が岩の斜面です。




つまり逃げ場はどこにも無い!



湖に飛び込んだというなら話は別ですが



まるで気を失っているようにぐったり



路上に寝ていた男が急に機敏に動けるだろうか?





つづく・・・