野生的

  • エスパー伊東 公式ブログ/野生的 画像1
皆さん大型連休は各地で楽しんでいることと思います。



エスパーはオフの日は普段遅れをとっている分を取り戻そうと必死です。

筋力が落ちたり、スタミナが切れたりしたら仕事にならないし、特にメタボったらラケットくぐり出来なくなるし



栄養素は計算して摂取しています。


ブロッコリー・スプラウトにまるでシマウマのようにかじりつきました。

野生的だろ?〇〇ルドだろ?と言うとブレイク中の芸人に便乗していると思われるので、あえて漢字で。


ブロッコリーの新芽には坑ガン作用・坑酸化作用のあるポリフェノール、スルフォラファンが含まれています。

しかも生の芽や種を食べると生命エネルギーの酵素を取り入れられます。

あと注目のポリフェノールは数千種類ある中で最強の玉ねぎの皮に含まれるケルセチン。

ビタミンEの300倍の坑酸化力のアスタキサンチン。

ブドウの皮に含まれるレスベラトロールです。エスパーはブドウのを皮・種ごと食べます。


あと最近知ったのですが、「ゴボウ茶」。サポニン、イヌリン、アルギニンなどが期待でき、何よりも若返り長寿遺伝子のサーチュインを活性化します。サーチュインのスイッを入れるためには満腹に食べてはだめです。腹八分以下にしないとなりません



あと腸まで届く乳酸菌など、善玉菌。黒酢に含まれるクエン酸や酢酸が体に良いです。

火を通した食品やインスタント食品ばかりでは生命素がとれないので、たまに生の食品や真水も必要です。

酒を飲むと内臓にダメージがくるので疲れやすいと思ったらビタミンB群が破壊されることも影響しています。

しかし合成ビタミンを摂取したり過剰摂取は間違いです。

適量を自然の食品から摂取せねば。


まだあまり試していないものを今後試すつもりです。それは鶏のむね肉エキス、イミダペブチド。渡り鳥のスタミナにヒントを得たもの。

あと水素水。しかし体内の活性酸素や悪玉菌は少し残しておかないといけないらしいのでやり過ぎは禁物らしいのでバランスが難しいです。


栄養素も考慮しながらトレーニングしております。何が正しいかは試してみないとハッキリとはわかりません。