予測つづき・・・

今年は世界的にみても経済危機をぎりぎりで回避した感がある



アメリカが債務のデフォルト(債務不履行)寸前になった。回避したが世界一の経済大国は借金も多くもしアメリカが経済破綻したら世界に影響が及ぶ。



ユーロ危機もあった。ユーロ圏の中でギリシャやイタリアの財政がヤバい。経済の優等生のドイツと加盟はしていないイギリスなどの国だけではユーロ圏を初めとするヨーロッパ全体を支えきれない。


日本にしても震災による原発事故で原発反対派が増えたが代替エネルギー開発までの間は原発をだましだましは稼働させなければならない。

しかしいったん壊れた場合のリスクはでかい。

賠償問題のために火力発電所を売却する案には反対である。電力が足りなくなれば産業を縮小しなくてはならなくなり、すると日本経済にも影響し、被災地復興の費用も不足するし

電力を必用とする企業は海外に移転し国内では空洞化が起きる。



TPPにしても日本が協定に参加する方向が強いが反対である。23項目これから話し合いで決めていくだろうが、日本国はたいてい自己主張ができないから不利な状況をのまされるだろうから。ちゃんと日本に有利な条件を通せるなら良いかもしれないが。



地球に適正な人口は45億人だと言われる。それが70億人もいるし、人口が増えるほど水・食料・資源が足りなくなり国どうしでトラブルが起きるのは当然である。

今は昔みたいに日本製品でないとダメだということもないから



今後日本が生き残る道としては新エネルギーの分野ではないかと思う。


2012年は今年の問題がさらに複雑化し、その打開策を模索することが前半以上続くのではないかと思う。

龍は努力や上昇の象徴で、2013年という十干の一巡を迎える年をハッピーにする完成形にするのは、2012年中に諸問題を解決できるかどうかだと思う。



今年は中東のジャスミン革命や独裁者が倒れたりしたが、来年は各国のリーダーが交替し波乱の年が予測される。



あと、2013年には米国で期限が来た気密情報が開示されるという。UFO情報だったら?と少し楽しみにしている。



現実的予測が一番であり、占いも信じるがあくまで指標であり、行動次第で何通りにも運命は変わると思います。