どっこい大作

  • エスパー伊東 公式ブログ/どっこい大作 画像1
『どっこい大作』は昭和48年から49年にかけて約1年間NET(現在のテレビ朝日)で放送していたTVドラマ。



原作は「少年チャンピオン」の漫画。



主演は『仮面の忍者赤影』の青影(鼻に親指をあてだいじょーぶ!という台詞が有名)、『河童の三平』の金子吉延氏。



毎回のゲストが大鵬、大山倍達、村田英雄、ケーシー高峰など豪華だ。



中学を卒業後、大作は青森から相撲とりを目指して上京する。といっても身長160くらいで小柄だ。

ラーメン店、清掃業、パン店などで修業する。



壁にぶつかったときに空にむかって鉄砲(張り手)をしながら「どっこい!どっこい!」と叫ぶ。鈍臭い一生懸命さが感涙モノであり、笑える。





金子吉延氏は現在、東京都板橋区の水道工事会社の社長らしいがなかなか出会わない。





エスパーが最も逢いたいと思う人の一人である。





♪嵐よ 風よ ありがとう〜 心の中で叫びたい  涙にむせながら 挫けぬ自分を 励ましな〜がら 歩こうよ(歌/山田太郎)




どっこい、どっこい、どっこい!