昭和の街角

  • エスパー伊東 公式ブログ/昭和の街角 画像1
昔と今を比較してどちらがいいかは一概に言えない。

どちらにもいい面とわるい面があるから。



ただ昔へさかのぼるほど不便であった。



画像は各家庭の前にたいていあったゴミ箱。ビニールのゴミ収集袋のなかった時代。



レジ袋もないから主婦は買い物かごかふろしきを持って買い物へでかけた。



ペットボトルも24時間営業のコンビニもまだ30年余くらいしか歴史がないのでは。



道路の両側にはどぶがあったのでこどものころは落ちないようによけて歩いた。


待ち合わせも携帯電話のない時代は大変で、ただ待つしかない。十円玉で通話する公衆電話が主流。



エスパーがこどものころ、東京の夏はこんなに暑くなかった気がする。クーラーの普及率も低かった。

都内でも舗装されていないじゃり道や緑が多かったせいか。



そういえば押し売りとか来なくなった。パチンコ店の前でチンドン屋が宣伝しなくなった。不在のとき隣の住人の宅配の荷物も預からなくてよくなった。



都会ほど近隣住人とコミニュケーションとらなくなってきたのは間違いないと思う。家庭のある世帯より独身の世帯が多くなったというし。そういえば平屋がすくなくなったなぁ。



うちは平屋だった。で、玄関前には写真のようなゴミ箱があったのだ。