家の取り壊し

  • エスパー伊東 公式ブログ/家の取り壊し 画像1
『ジャイアントロボ』の最終回で、ロボ対ギロチン帝王の戦いがくりひろげられた地、埼玉県比企郡の吉見百穴(通称/ぽんぽこ山)。第二次世界大戦中につくられた日本軍の秘密基地があり、山はトンネルだらけなのだ。



この山の裏に伊東家の家があった。40年以上前に建てられたもの。



しかし私が1か月くらい、兄が10年くらい住んだ程度でほとんど倉庫代わりに使用していた。



老朽化が進み、市役所から倒壊のおそれがあり危険なので、家を解体するよう通達がきた。



解体の日、営業で立ち合えなかったが



大量のお宝?粗大ゴミはほとんど廃棄処分。将来価値がでると思って保管しておいた大正初期の古書も傷んでいて捨てるしかなかったらしい。

ごくわずかの価値のありそうなものだけ、父が真鶴の実家へ持ち帰った。



土地は更地に。断舎離成功!



しかし、この家に保管されていたはずのこどもの頃使っていた2組のボクシンググローブはついに発見されなかったらしく、悲しい。


物はいつかは壊れたり紛失したりする、思い出だけが心の中に残るのだ。