エスパーコレクション74

  • エスパー伊東 公式ブログ/エスパーコレクション74 画像1
『ファミリーゲーム』(ツクダオリジナル)。フィギュア原型「彩工家代表・石井氏からいただいたもの。



箱が茶色く変色していて、一見すごく古く見えるが、ツクダオリジナル社が、「オセロ」を発売したのが1973年だから、それより後の年代と推測できる。

いったいどんなこどもがこれで遊んでいたのだろうか?想像してしまう。



1925年、フィンランドのユシラ社社長が「コリントゲーム」(バカテル)という釘を打ってある台にと球で遊ぶ遊戯具を考案した。

これが日本に輸入され、昭和5年名古屋のパチンコ第一号店に結び付く。



コリントゲームはパチンコ、ピンボール、スマートボールのルーツだ。



そしてこのファミリーゲームも。箱に「ツクダヤのよい子が育つよいおもちゃ」とキャッチフレーズが。




形あるものはいつかはこわれる。懐かしいものがいつまでここにあるのかわからないけれど、懐かしいものを見るとつい長く眺めてしまう。