救出作戦成功

チリ北部サンホセ鉱山で8月5日に起きた落盤事故。


作業員33人が地下700メートルの狭い空間に閉じ込められたが





救出作戦が成功し、事故発生から69日目で作業員の地上帰還が実現した。



日本の裏側チリでは夜間の作業だが、現在3人地上に帰還し、一時間に一人のペースで救出される。



世界の国同士はなかなか仲良くできないが、この事故に世界各国から技術協力が集結し、またメディアを通して世界中の人同じが作業員たちの無事に地上に出られることを祈っている。



早く全員地上にでれますように!