美しき挑発「レンピッカ展」

  • エスパー伊東 公式ブログ/美しき挑発「レンピッカ展」 画像1
本日午前中、WEB CMの撮影で



夕方も撮影のつづきがあり、約四時間空いたので



渋谷東急ハンズへ材料買いに行ったり、Bunkamuraミュージアムへ『レンピッカ展』を鑑賞した。                ※タマラ・ド・レンピッカ(1898-1980)ロシアの女流画家。



「モダン」を彩った。昔も今もセレブに愛される画家である。         レンビッカが30才当時、女性が自動車を運転するのは珍しかったが、自動車をうんてんする自画像を描いたりした。        一枚の絵につきたくさんの色は使用せず、主に人物画を力強く描いた。



写真は代表作《緑の服の女》官能的に描かれているがモデルはまだ幼少だった娘キゼット。イメージを膨らまさせて描いたようだ。





観に行ってよかった。

本日も睡眠不足で外出したため

前のブログでまたもや誤字で゛マツコ・デラックス ゛さんを゛デラックス・マツコ ゛さんと表記してしまったことお詫び申し上げます。