〜足らない後輩の話 その3〜


ど〜も


僕には
足らないが
憎めない後輩がいます


歳は25で
ミュージシャン志望の小柄な男です



先日
後輩含め数人で旅行に行った時の事

カート場がある遊園地に行きました
(カートとは小さいレーシングカーです本物のコースを走る事が出来ます

子供も乗れますが
直線では
時速60km近いスピードが出ます)

後輩「江波戸さん!カートで競争しましょうよ!」

江 「おぅいいぜ!」

後輩「実は僕、昔走り屋だったんですよ」

江 「マジで!?」

後輩「だから絶対負けませんよ!」

江 「おぅーし!勝負だ」


【ヨーイ スタート


スタートした途端

後輩は
一つ目のコーナーで
いきなりスピン

コースを外れ

転倒

そして
芝生にダイブ

江 「おい!大丈夫か!怪我ねーか?」

後輩「…はいーなんとか」

江 「おい!お前スゲー肩汚れてんぞ」

後輩「本当だーこれオイルですよ〜
ヨゴレ落ちるかな〜

…江波戸さん」

江 「どした?」

後輩「これ…ウンコです」

江 「汚ったね!」

後輩「これ絶対猫のですよ」
って言って

空を指差しました

江 「空に猫いねーよ


ウミネコか

ウミネコの話してんのか


後輩「いえ、違います」

江 「分かってるよ




足らないが
憎めない後輩の話でした



じゃ〜
また。