韓国のお寺

  • ドンホン 公式ブログ/韓国のお寺 画像1
  • ドンホン 公式ブログ/韓国のお寺 画像2
  • ドンホン 公式ブログ/韓国のお寺 画像3
お寺に行ってきました。

韓国では特に宗教などを持っていない日本の人が神社に行く感覚で

お寺に良く行きます。

この日は確か「マルボク(말복末伏)」だったと思います。

ここでちょい勉強!

「マルボク(말복末伏)」とは:日本の末伏(まっぷく)のこと。三伏(さんぷく)の一つ。三伏(さんぷく)とは陰陽五行説に基づく選日の1つで、初伏(しょふく)・中伏(ちゅうふく)・末伏(まっぷく) があります。これらの日、韓国では、サムゲタン、ユッケジャンまたはポシンタンをよく食べる。日本のウナギと同様に、夏場の強壮食品と認識されており、日本で土用の丑の日にウナギを食べるのと同様の考え方といえる。
(引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B...

「マルボク(말복末伏)」の日にお寺に行く習慣があるかどうかは不明ですがこの日は沢山の人がお寺に来てお祈りを捧げてました。

祈りを捧げる方法も日本とはちょっと違います。

3番目の写真で僧侶さんの右に写っているお祖母さんの形から([つ)⇒その後ろのお祖母さんの形へ(⊆蠅鮃腓錣擦覆ら座り込む)⇒
そして最後にその後ろのお祖母さんのように(E擴失臓の形)体を一番低くし、お祈りを捧げます。
それを3回繰り返します。

写真では3段階の様子を3人が順番に並んで行ってますね(笑)偶然です。
凄いタイミング
(笑)