お盆


あっという間に月半ば。


日が経つのは早い。

先日、少し早かったが墓参りをしてきた。

墓の前に立つといつも思い出す事がある。
おかんが、どうしても新しい綺麗な墓を建ててあげたいんだと相談された時のことを

そんなおかんも、天国へ旅立って六年が経つ。
命あるものは必ず旅立つものだとわかってわいるがやっぱ寂しいなぁ。
親父はもっと寂しいはずだ。

俺は親父を守っていかなければならないと改めて思った。