ダンスの発表会☆

みんなおはよん
今日も早速いきますかぁ

今日はダンスの発表会についてご説明

ダンスの発表会?って方の為に


ピアノの発表会は頭に浮かびますよね
先生が教えて練習して、一人で弾いて、次々に演奏者が出てくる感じ

あれが、一人ではなく大勢で一つの作品を作り上げます
ピアノとかは大体出来ている曲をコピーして披露すると思うんだけど、ダンスは先生が全て、選曲、振り付け、構成、証明、衣装等を考えます

だからその時期になると頭フル回転

いっぱいいっぱいになりテンパります(笑)ピリピリしたりもするし、怒鳴る事もある。泣く子だって出てくるし、仲間割れもしたりする。
でもみんな本番を終える頃にはそんなん笑い話になる位に練習してきたモノを数分で魅せるの。
何分、何時間、何日、何ヵ月練習してきたものが、数分で終わる。全ては本番自分が輝く為。
練習で流した汗も涙も全部その日の為。流した分、自分は強くなる

あたしはそう思ってる


数分で終わってしまう、儚さがヤミツキになっちゃうんだよね

また立ちたい
ってね

生徒によく言うのは
「あたし達は、ディズニーダンサーじゃないから、毎日本番がある訳じゃない。だから貴重な一回を大事に踊ること。」
そう伝えてます

さ、次回は3月6(日)に新木場STUDIO COASTで行われた、ETCダンススクールの発表会
LOVE STREET vol.20の模様をお届けします