週末は〇〇〇三昧だったー

  • 東ちづる 公式ブログ/週末は〇〇〇三昧だったー 画像1
  • 東ちづる 公式ブログ/週末は〇〇〇三昧だったー 画像2
  • 東ちづる 公式ブログ/週末は〇〇〇三昧だったー 画像3


このゴールデンウィークに被災地にボランティア活動に駆けつけてる方々、お疲れ様です。

被災地の方々と心通わせる貴重な時間。

どうぞご無理をされませんように m(_ _)m


私も週末は、ボランティア三昧だったー

離れたところからだが、被災地に寄り添いながら、支援を続ける活動中。

土曜日は、卓ちゃんとのチャリティーコラボ創作だった。

まずは私のトーク。

被災した人もしてない人も、障がいのある人もない人も、いろんな人が混ぜこぜになって寄り添いながら支援しよう。

だから、3・11チャリティー展『よりそう』。

避難所でみんなと一緒に暮らせない、障がい者のいるご家族が複数いる。

皆さんに迷惑をかけられないから‥‥‥と。

日々、被災地や避難所の友人と連絡をとっている。

イライラや不安も限界を超え、普段のように優しくできない人も増えているようだ。

困った時はお互い様という、普段はできていたことができなくなるような、受け入れがたい現実、先の見えない不安‥‥‥

人は弱い。

だからこそ、寄り添いたい。

強くもなれると信じたい。

と、私の20分ほどのトークの後、アーティストの卓ちゃん(佐々木卓也さん)登場

今回は、初のコラボ!

まずは、私が白いキャンパスに線を描く。

ハート、ピースマーク、キラリの線。

そして、会場に来てくれていた絵本作家のスギヤマカナヨさんが、鯉のぼりをイメージした線を。

そしてそして、ドイツ平和村から駆けつけてくれた日本人スタッフのタエちゃんにも線を描いてもらった。

それをじっと見ていた卓ちゃん。

「パンダ!ねこ!うさぎ!」

と言いながら、筆を持つ。

みんな、仰天。

線だらけのキャンパスのどこにそんな動物が!?

それから約40分。

すごい集中力で描く。ひたすら描く。

お客さんが写真を撮ろうが、動き回ろうが、とにかく描く。

しかし、動物は見えてこない‥‥‥

そして、ラストの10分!

みんな、「あーーー!」


すごい、すごい!

ぞう、ねこ、パンダ、うさぎ、コアラが〜

さすが卓ちゃん!

盛り上がったー

おかげで、チャリティーも盛り上がった。

チャリティー作品も売れ、義援金もたくさん集まった。

皆さん、本当に本当にありがとうございました。感謝です。

そしてそして、この日はこのあと、銀座へ走った。

「ドイツ平和村」のボランティア活動の会場に走った。

またまたトークした。

理解を深め、寄付金を戴くため、タエちゃんとのコラボ。


足を運べば何かがある。

動くと、時として煩わしいこともあるけど、いいことがたーーくさん。

寄付金と、新たな出会いに感動!感激!感謝!

皆さん、本当に本当にありがとうございました。

息の長ーーーい支援を続けます!

今後もよろしくお願いします。

***************

 
  • コメント(全7件)
  • FB15(ALTO TURBO RS-Touring化計画実施中) 
    5/2 09:34

    ちづるさんも、お体を大切に…被災地のみなさんに『希望の光を』…人は、みな『光』になれます。ナニも出来ませんが

  • さんぽうよし 
    5/2 14:17

    アートは人の心を救えるのではないか!?
    これを自ら実践したのが、宮本武蔵だったのかもしれない。
    そして今の日本に、この発想が活かせるんじゃないだろうか…。

    まだ具体的にまとまっていませんが、そんな事をぼんやりと考えています
  • なお 
    5/2 15:38

    ドイツ平和村の中身何にも知らなかった
    分の事しか考えてない自分を改めて認識しました。マリアンだとパルーシャ読ませて頂きました。仕事上食べ物を残ったら大量に心痛みながらも簡単に廃棄したりしている事実があります。実際は自分の周りは窮地ではないんですね。これからは考えます。子供達は本来笑顔で暮らせる社会じゃないといけないんですよね生きている。毎日三食頂いて生きている。もっともっと感謝の気持ちを持ちます。 そして子供たちの笑顔が溢れる社会にするために微力でも参加していきたいと思ってます


  • super lucky♪ 
    5/2 16:38

    5月2日 NHKラジオ聴きましたよ〜
  • 森を守る 
    5/2 21:40

    ちづるさん こんばんは

    週末の被災地支援活動お疲れ様でした


    そして更にドイツ平和村の活動へと本当にお疲れ様でした


    やはり、ちづるさんでないと出来ないことですよね〜


    お身体には十分気をつけてくださいね


    僕も森を守る活動資金からドイツ平和村の方に本の僅かですが寄付させて頂きま


    ところで今日は里山の手入れを休んで近くの温泉センターに行って身体を休めて来まし


    来ている人達の大半が近くのシルバーの人達ですよ


    普通の農家の人達で


    のんびりとした風景のんびりとした会話のんびりとした時間が流れます


    日本のどこにでもある農村の風景です


    3月11日のあの巨大地震さえなければ今頃は東北地方の人達も近くの温泉センターでのどかな時間を送っていたんでしょうね

    あんな大震災が起こるなんて今だに信じられないです

    でも九州の南のこんな山深ところの温泉センターや集落のマーケットでも被災地支援の義援金の募金箱が置いてありましたよ


    箱の中には千円札も入ってました


    まさに日本全国でよりそってますね〜


    僕も本の僅かですがよりそって来ました


    まだまだ復興には時間が掛かりますがとにかく日本全国でよりそい合って被災地支援を続けなければなりませんね


    お身体に気をつけて


    それでは ま

  • シゲ 
    5/4 05:59

    被災地に住む同年代の者として、貴女の活動に敬意を表しま

    人の心は時として弱いもの…されど強いものですよね

  • 浜すけ☆R,W 
    5/4 12:32

    おつかれさま〜でし

    寄り 大きな感動良かった です

    素晴らしい…

    (^-^)

    …ただ

    『被災地のイライラも限界を超え、普段のように優しくできない人も増えているようだ。』

    ↑の文章は 何をもって書いてるのか…意図がわかりません

    実際にみたのですか…?
    自分の意見の前フリですか…?
    被災地と一括りされるのを…嫌う人もでているので…

    対岸の火事の様な 発言は 気をつけた方が…

    文章は 難しいです

    (;^。^Aアセアセ・・

    更なる

    活躍を 願って ま
    m(._.)m
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)